オルタナティブ・ブログ > 田中淳子の”大人の学び”支援隊! >

人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

「着ぐるみ」メソッド

»

もう10年以上前から提唱している「着ぐるみ」メソッドというものがあります。

ストレスが強くかかる状況への対処法としては、かなりおススメです。

仕事していると、非常に厳しいことを言われたり、場合によっては、相手の勘違いにより罵倒されたり、すんごくキツイ言葉を投げかけられたりすることがあります。(ない、という方もおいでかも知れませんが、私はあります。)

それを全身全霊で受け止めてしまい、それが金曜だったりすると、土曜も日曜もそのことが頭から離れず、気持ちが沈んだり、食欲が減退したり、口をついて出てくるのは、否定的なセリフだったり、はたまた、ただのため息だったり。

そんな状態で日曜夜6時半(少なくとも関東エリア)を迎えたならば、「サザエさん症候群」になるのも間違いなし。

月曜の朝も悶々と・・・。なんて、一つの出来事で心身疲れ切っちゃうこと、ありますよね。

この時登場するのが「着ぐるみ」です。

たとえば、私は、いくつかの役割の内、最も時間を割くのが「講師」業です。なので、講師として研修を行う場合、「講師」に着ぐるみを着る、という気分になります。

もし仮にツライ言葉をかけられたり、厳しいことを言われたりしても、それは、「講師」という「着ぐるみ」を着た私が言われたのであって、反省すべき点は反省し、次に生かせることは学びとして整理し、そして、金曜日の夜、その「講師」という「着ぐるみ」を脱いで、帰宅するのです。

そうすると、土日にひどく引きずることななくなります。
(もちろん、これは、「着ぐるみ」を着ている”つもり”なので、どうしても心の片隅に痛みなどは残ることもありますが、それでも、「脱いだ!」と思うことが重要です。)

営業職でも同じこと。「営業」という着ぐるみを着る。顧客に無理難題を言われても、着ぐるみを脱いだらいったん忘れる。そうやってリセットする。

エンジニアでも同じこと。トラブルシューティングで出かけて行った先で2時間も立たされた、なんて話をたまに聞きますが、それは「エンジニア」という着ぐるみを着た自分が受けた言葉と捉える。トラブル解決後は、着ぐるみも脱いでしまう。

マネージャだって、さらに上司、あるいは、部下からまあ、実にいろいろなことを言われるでしょうが、それも「マネージャ」という着ぐるみを着ているつもりで対応したら、疲弊しすぎることはないはず。

とにかく、「着ぐるみを着る」「着ぐるみを脱ぐ」の繰り返し。

そうやって、スイッチの切り替えをしていきます。

こういうことを考えたには訳があります。

20年近く前、新卒で入社した「講師」候補の後輩たちが、数年で戦線離脱することがたびたびありました。離職の理由はさまざまではあったものの、「ツライ」「アンケートに書かれている言葉が厳しい」など、やはり、お客さまからの指摘を、若い彼らはまともに全身全霊で受け止めてしまい、疲弊してしまう、という要因もありました。

その時、「ああ、これは、皆が、”講師”という着ぐるみを着るつもりで仕事したら、もうちょっと気持ちを平穏に保てるのではないか」と思ったものでした。

それで言い始めたのが「着ぐるみ」メソッドです。

これ、こういう風に勘違いされるとちと困ります。(↓勘違い例)


「へぇ、クレームいっても、着ぐるみが聴いているつもりでいるんだあ。あなたは反省しないんだあ。他人事に思うようにしているのね」と。

これは違うのですね。

自分でちゃんと受け止めるのです。ただし、心底、骨の髄まで、全人格で受け止めるのではなく、社会における「役割」として引き受けるという意味。

「善人のフリをする」とか「聞いているフリをする」というのとは全然違いますので、そこんとこ、よろしく、だかんね。(← リクエストにお応えして、「東海林さだお」風。)

ツライことがあったら、「着ぐるみ」メソッド。

おススメです。

Comment(2)

コメント

itoplan

【着ぐるみ】
巧いネーミングですね。ともすると全人格を否定されたと受け止めてしまう場面ありますからね、自身もストレスになるし周囲や家族まで巻き込んでしまいます。「着ぐるみ」脱げたら‥大事ですね。新人の頃、『市場では家の事考えるな、家では市場の事考えるな(オグマンディーノ)』が上司の口癖。集中と切り替え‥正に「着ぐるみ」ですね。

TanakaJunko

itoplanさん:着脱が楽な着ぐるみがいいですよねぇ。 ぴちぴちだと、脱ぎ着しづらいので(笑

コメントを投稿する