オルタナティブ・ブログ > 坂本史郎の【朝メール】より >

ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

恩師、川上桂さんの死を受け止める

»

・生物としての死
・機能としての死
・ソーシャルデス

小川さんの記事『死んでもいいから闘争する。』における3つの死、その区分けに思わず考え込んでしまいました。

ソーシャルデスは確かに恐ろしいです。自分も起業して失敗して、ソーシャルゾンビになりかけ、何とか立ち直った体験をしました。どん底のときのソーシャルデスに対する恐怖感たるやものすごいものがありました。人生をあきらめてしまいそうでした。

そして、今から考えると、ソーシャルゾンビになった時でも、馬鹿にすることなく、話を真摯に聞いてくれた人がいました。その人に、何とか成功した姿を見せたい、そんな子供のようなモチベーションがあり、それで力が出て立ち直れました。

==

一昨日、その聞いてくれていた人、川上桂(かつら)さんという方が62歳の若さで亡くなりました。2週間ほど前から心筋梗塞とのことで入院されていたのですが、回復も順調で「来週にも退院」と、すっかりそのつもりだったのです。

「ごめん、心臓、もどらなかった。。」

日曜日の夕方、携帯に親友からの連絡があったときには、にわかには信じがたい気持ちでした。早朝から別な病気を併発してしまい、高熱となり、そのまま意識が戻らず、心臓が止まってしまったとのことです。

川上さんにはもともと心臓に若干の問題がありました。それなのでカテーテルの医師、高校時代からの親友を紹介し、その元で治療を受けていました。「いいお医者さんを紹介してもらった!」と会うたびに喜んでくれるその言葉を聞いて少し誇らしげに思っていました。友人をほめられるのは嬉しいものです。

==

川上さんには起業前からお世話になっていました。元々は松下電器でキャリアを積まれ、当時は日本エリクソンの研究所長さん。自分たちは携帯電話分野で起業したいと考えていた中です。ビジネスモデルをぶつけて相談したのが始まりです。その後も、経営についての様々な考えや悩みをぶつけて、真摯に考えを返してくれていた人です。

「史郎さんの年収が、そうだな、1500万円を超えたらご馳走になろうかな。」

未だに2ヶ月に1度、定期ミーティングをしてくれていました。いつもご馳走してもらっていました。毎回すまない気持ちがして、「早くこちらがご馳走する側に回りるぞ!」とのモチベーションもいただいていました。

==

「ソーシャルデス」の前に「生命としての死」を迎えてしまった。

その事実を受け止めようとずっと考えていました。お世話になったこと。お返しできたこと。迷惑かけたこと。昨晩は川上さんの追悼に一人でワインのお店に入り、赤ワインを一本飲み、いろいろと考えていました。

ひとしきり考えて、寝て。今朝はこの文章を書いています。文章に書くと心の整理がつきます。そして、それは朝がいいです。朝に文章を書けば、それは自分へのエネルギー注入にもなります。そう、不思議です。

「私の遺志を継いで何百年も続くような立派な会社にしてくださいね。」

川上さんにも心の中でささやかれたような気がしました。そしてそれが、ちょっとしたことで気持ちが萎えてしまうような自分への、ボタンかけ直しのエネルギーへと変わることが認識されました。

お通夜は水曜日、告別式は木曜日。自分はお通夜だけ行きます。木曜日は福岡出張です。仕事を折り曲げて告別式に参加したら叱られてしまいそうですから。

「私との約束の仕事優先ドタキャンは大歓迎ですよ。拡張していますね!」

昨年末、恒例の二人での定期ミーティングを、突然入った仕事を優先してキャンセルしたときの言葉でした。我がことのように喜んでくれていました。

ご冥福をお祈りします。

※20100608 09:30 カテゴリーを追加しました。

※20100608 11:30 恩師:先生、ここでは経営や戦略の先生という意味です。

Comment(14)

コメント

坂本さんのお人柄がよくわかりました。メンターを失うのは辛いものです。私も数年前に
よき理解者を失い、落ち込みました。亡くなったことをしばらく知らず、通夜も告別式も
参列できませんでした。きっと、くさばのかげでこれからも応援してくれます。
社長になっって8年、当初は絶好調、調子に乗って、ソーシャルデスの危機に見舞われ、
必死に立て直していました。その際に「自信をもって経営しなさい、自分だけで背負い込
んではいけない」とアドバイスしてくれました。
後輩に同じことをするのが恩返しではないか、そんなことを考えました。

石原良太郎様、コメントをいただきありがとうございます。

経営にソーシャルデスとの隣り合わせ体験はつき物なのですね。石原様、大変なご苦労をされている。亡くなった方を、草葉の陰から応援してくれる人と決めてしまうのが心の整理がつきますね。

> 後輩に同じことをするのが恩返しではないか

琴線に触れ思わず涙腺が緩みました(苦笑)。

西 啓

初めてコメントさせていただきます。
私はエリクソン時代に川上さんの元で端末開発に携わっておりました。
突然の訃報を聞いてびっくりしております。
木曜がたまたま空いているので、告別式に参加しようと思います。
ご冥福をお祈りいたします。と共に、教えていただいたことをもう一度胸にきざんで仕事に邁進したいと思います。

西 啓様、コメントをいただきありがとうございます。

この記事を書いた一つの目的は、もしかして川上桂さんの訃報をこれ経由でお伝えできる人が何名かいらっしゃるのではないかということでした。西様にお伝えできて良かったと思います。

昨日、お通夜に行きました。参列されている方々の多さに川上桂さんの交流の広さ深さを感じます。彼のあの真摯に人とお付き合いする姿勢が誰に対してもそうだったのだろうなと、尊敬の念を改めて深めました。川上さんからは本当に色々なことを教わったと思います。(涙こらえながら合掌)

初めてコメントさせていただきます。いつもcachattoを使わせて頂いております。(お蔭様で携帯からPCメールがやりとりでき、とても便利になりました)

私は現在の会社で、川上さんから本当に多くの事を教えて頂きました。
言葉だけでなく、行動だけでなく、価値観、信念、正義感...その背中が全てを語っておられたかのようでした。自分のようなペーペーでも、大企業の社長でも、誰でも同じように真摯に向き合ってお話される川上さんの姿は、今も目に焼きついています。

本日の告別式では、ご出棺の時に感極まってしまい、年甲斐も無く泣いてしまいましたが、式からオフィスに戻ってくると、まだ現実味を感じられない自分があり、今にも川上さんが部屋からひょっこりとでてきて「お疲れ様!」と笑顔で挨拶してくれそうな気がしてなりません。(川上さんの事ですから、まさに今、そうしてくれているかもしれませんね)

偉大な背中は遥かな目標ですが、これからも教えて頂いた事をひとつひとつ実践していけるよう、日々精進していこうと思います。ドクター、本当にありがとうございました。

小山田健治

坂本様ほか、はじめまして
川上桂氏の逝去を偶然本日知り、ネットでこうして皆さんの言葉にふれました。心から冥福をお祈り申し上げます。東京にいながら、告別式に参加できなかったことは悔しいですが、きっと、いつものように笑顔で天国へと向かわれていると思います。1994年から10年以上にわたりご一緒する機会にも恵まれ、お世話になりました。合掌。

小椋 学

坂本様、初めてコメントさせて頂きます。

川上さんの訃報を聞いて信じられません。。以前に川上さんと勉強会の方々で御社の青山のオフィスを見学させて頂いた事を思い出しました。ご冥福をお祈りいたします。

武藤 耕也様、

川上さんに若いうちにお会いして、その人の本当のすごさに触れている様子が行間から拝見できとても嬉しく思います。

NHKでやっている「心の遺伝子」じゃないですが、川上さんから教わった『言葉だけでなく、行動だけでなく、価値観、信念、正義感...』について、自分たちなりの生き方を引き継いで、それで、より良い社会を創っていくというのが、我々に残された課題ですね。

告別式行っていたら自分も涙が止まらなかったと思います。でも悲しいですが、きっと川上さんはもうすでに応援モードに入っていてすぐ横で見てくれています。逆に言うと、川上さんに見られても恥ずかしく内容に全力で生きていきたいと思います。

小山田健治様、

ネットの効果なのか、情報が伝わって良かったです。きっと偶然ではなく必然で伝わったのだと思いますよ(嬉)。

> いつものように笑顔で天国へと向かわれていると思います

確かに。川上さんって、残っているイメージが笑顔+明るいのですよね!

==

皆さま、

あの屈託のない上下に関係なく平等な人って。自分がよほど強くないとできないことだと思いませんか?生き様として立派だったと。でもかなり心が強い人だったのでしょうか。そうではなかったのではないかとも思います。

ヒントとして、どうしても川上さんから教わって忘れられない言葉に『謙虚』というものがあります。『謙虚さ』の力を彼は信じていました。よく言われたのが、「あなたたちは謙虚だからきっと成功する」でした。

川上さんもいろいろありながらも、きっと『謙虚』になるよう、自己修正をしながらこられたから、ああいう慕われる人物になられたのでしょうね。技術系頭が良くて、いろいろな事例を語れて、ドクターでありながら、あえてスタイルとして『謙虚さ』を崇める。

川上さんから自分が心底教わったのは、パワー・オブ・リスニングならぬ、パワー・オブ・『謙虚さ』なのかも知れません。どうでしょう?

岩岡玲子

初めてコメントさせていただきます
川上さんには富士通時代に初めて出会いエリクソンに入社し、退職後も12年にわたってお付き合いいただきました
素直であること、優先順位を考えること等、教えてくれた大切なメンターでした
ヨットでの鍋や、MTI時代の見晴らしの良いオフィスやエリクソン時代の机など、言葉が笑顔と声で現実のようによみがえります
合掌

岩岡玲子

「いまのベンチャーで失敗したら川上さんのオフィスで掃除のおばちゃんで雇ってもらう」という約束が反故になってしまったので教えていただいたことを噛み締めながら努力を続けていきたいと思います
ずっと心が乱れてしまっていたのですが、エントリーとコメントを読み返し読み返し、少しずつ落ち着きつつあります
ありがとうございました

小椋 学様、コメントをいただきありがとうございます。

覚えています。クラブエリクソンという勉強会ですね!皆さん、川上さんのチャレンジを受けながら土日に勉強会をされていた。とても能動性の高い優秀な集団だったと強烈に印象に残っています。その後、弊社は半蔵門に引っ越しをしております。半蔵門に引っ越しをした当初、事業はガタガタ、会社も危機状態でしたが、川上さんが隔週土曜日に事業内容のヒアリングに、完全なボランティアで実施してくれたおかげで、立ち直れました。今は、やっている業務内容もよりビジネスらしくなり、メンバーも理想組織に近くなりました。川上さんの思想的DNAを引き継いでいるからだと思います。是非また皆さんで遊びにいらしてください。

岩岡玲子様、コメントをいただきありがとうございます。

大きな人格と優秀な頭脳の喪失であることが悔やまれます。そして、つらいけどそれを事実として受け止めなければなないことも生きることの一つなのだと。

皆様からのコメントを反芻させてもらった中、川上さんが様々な人のメンターだったのだな、先生だったのだな、と思いました。その交流の広さ、影響力の強さ、改めて敬意を感じました。合掌。

川上桂さんの訃報を聞いて驚いています。私方は松下電器在籍中、一緒にお酒を飲んだり大変、親しくさせていただきました。大阪に戻ってからは年賀状の交換程度でした。東京でいろいろな勉強会やベンチャー支援のお仕事をしていたことは存じ上げていたのですが、私方も環境関係の仕事で動き回って、御無沙汰をしておりました。お悔やみを申し上げます。

コメントを投稿する