オルタナティブ・ブログ > 路の上で >

日頃考えていることをぽちぽち書きます。

BMWのバイクの日本語が残念な件

»

先日、バイクをBMW C400X (正式表現はC 400 Xらしい)に乗り換えました。最近のBMWの車の命名方法にも通ずる、350ccのスクーターです。まだ1日しか乗れていませんが、バイク自体は素晴らしいと思います。

さて、マニュアルを読み出して、すぐにとても残念なことに気づきました。
翻訳がひどいのは以前からの伝統ですが、今回はさらに文字フォントが中国向けです。
下の画像はMacで出した似たフォントです。上段がマニュアルで使われているものに近い中国語フォント、下段が本来の日本語フォントです。適当に選んだら似ているので、おそらくマニュアルもヒラギノ系のフォントを使っていると思われます。
C400Xマニュアル

違いがわかるでしょうか?
わかりやすいのは糸偏。直とか画は字が違います。その他細かな違いは多数。平仮名は中国語にありませんから、同じです。
大きく異なる字は、小学生の漢字のテストだと間違いになるレベル。
読めないことはありませんが、僕にはとても読みにくく、全角文字のアルファベットで英語を読まされているのと似た感じ。

残念なのは、こんなことはコスト削減のはずはなく、単にBMWの無知・無理解・無配慮でしかないため。ネイティブでなくとも日本語をちゃんと勉強した人がいれば気付くことです。
アルファベット圏の人にはわかりにくいかもしれませんが、ドイツ語を表現するときにウムラウト等一切無しを想像すれば、なんとなく理解できるのでは?

バイク自体は素晴らしいですが、付属品まで気を配れないようではプレミアムブランドとは思えず、とても残念。
このバイクは中国生産ですが、本件はそれとは明らかに関係なく、設計・監督するBMWの問題です。

とても気になったので、いろいろなところに書きましたが、これが最後のはずです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する