オルタナティブ・ブログ > プロジェクトマジック >

あるいはファシリテーションが得意なコンサルタントによるノウハウとか失敗とか教訓とか

ワインバーグの魔法あるいは僕が緊張しなくなったわけ

»

★今日は、ずいぶん前にツイートした、師匠であるワインバーグへの感謝を込めた即興連ツイを転載する。僕の対人関係やプレゼンテーションは、彼のおかげでがらりと変わりました。

ワインバーグの魔法(1) 僕は8年ほど前からG・M・ワインバーグを師匠と仰いでいる。会ったことはない。たった数冊の本を読んで、勝手に弟子入りしただけだ。弟子の側の一方的な思いこみだけでも、師弟関係と、それからもたらされる学びは成立する。

魔法(2) 僕が彼を師匠と私淑する理由はたくさんある。なんと言っても、僕のコンサルスタイルの40%は彼によってもたらされたのだから(ちなみにもう40%はケンブリッジの方法論)。その中で1つだけ挙げるとすれば、「自分の内面を目の前の相手に伝える作戦」の有効性を教えてくれたことだ。

魔法(3) 例えば、目の前の相手(お客さんでも上司でも、誰でも)に対して腹が立ったら、それを隠すのではなく「今、あなたが言ったことを聞いて、腹が立ってきました」とOpenに言ってしまう。そういうコミュニケーションのスタイル。

魔法(4) 師匠はそれを「自分の内面と行動を一致させる」と表現する。自分のなかに怒りがあるのであれば、それを自覚し、行動に移し、表現してしまう。怒りだけでなく、混乱でも、悲しみでも「何も思い浮かびません」でもいい。「そんなことやれる訳ないじゃん」と思いますか?

魔法(5) でも、僕はだまされたと思ってやってみたわけです。こういう「今までの自分ならば、まるで理解できない事に踏み出せること」が師匠を持つことの利点。師匠を持たず、全て自分で正しいと思ったことだけをやっているうちは、成長の幅などたかが知れている。(以上、内田樹の受け売り)

魔法(6) 例えば「あなたが怒っているので困惑しています」と言ったとしよう。
反応例①「え、私は怒ってないですよ。」
反応例②「ああ、確かにカッとしてしまいました。申し訳ない」
どちらの反応も、こちらの感情を言わなかった時よりもずいぶんましなはずだ。

魔法(7) ファシリテーション中に議論が見えなくなってしまったら「今、話が錯綜していて、混乱しちゃいました」と言ってみればいい。会議の参加者は、もう少し整理して話そうと努力してくれたり、ファシリテーターの代わりに誰かが結論をまとめてくれるものだ。

魔法(8) 不思議な事なのだが、自分から「僕、混乱しています」と表明する人の事を、他の人は「バカでどうしようもないヤツだな」とは思わないらしい。本当にバカだったり、混乱しているならば、「混乱しています」とは言い出せないものだ、とみんな分かっているからだと思う。

魔法(9) この考え方を応用すると、大人数相手の講演でもし緊張していたら「僕チョット緊張しているんですよね」と言っても良いことになる。僕も講演中にトラブって「あれ?これは困りましたね」と口走ったことがある。慣れてなかった頃だから、口に出していなかったらパニックだったかも。

魔法(10) ところが、「そういうのもあり」というスタンスで講演しているうちに、不思議なことが起こる。そもそも全く緊張しなくなるのだ。この作戦が「魔法」だと僕が思う理由はココにある。単なるコミュニケーション・テクニックにとどまらず、自分自身を変える力があるのだ。

魔法(11) 「もし緊張しちゃったら、緊張していると言えば良いだけ」という余裕が、緊張を追い払ってくれるんだと思う。多分。全く同じように「本当に腹が立ったら、腹が立っていると言えば良い」と思っていると、我を忘れるほど人に対して腹を立てる事はなくなる。

魔法(12) そう言う理由で、今では「自分の内面を目の前の相手に伝える作戦」自体を使うことも少なくなった。だが、ワインバーグの魔法が僕の仕事人生を少しだけhappyにしてくれた事実は揺るがない。師匠、ありがとう。

★ちなみに、ワインバーグ本のオススメを
コンサルティングスタイルについては、
「コンサルタントの秘密」
「技術リーダーシップの人間学」
「コンサルタントの道具箱」
の3冊が代表作。

「コンサルタントの秘密」の冒頭に書いてあるように、「請われて、人に影響を与える人=コンサルタント」なので、職業的コンサルタントでなくても、読んでも損はない。
それぞれ、4回ずつくらいは読み直しているが、読むたびに発見がある。多分、読む側がだんだん変化しているので、同じ本でも読みとること、得るモノが毎回変わるのだと思う。
最初に読んだときに「自分の考え方と似てるな」と思ったのだが、今ではそれが、自分の元々のスタイルなのか、ワインバーグ師匠を自分がまねしているだけなのか、判別不能になっている。
弟子とは、そういうものなのだろう。

そして文章については、
「ワインバーグの文章読本」
が僕の唯一の教師である。

最初に読んだときは、自分が本を書くことになるとは全く思っていなかった。でも、関さんと「プロジェクトファシリテーション」を書こうという話になった時に、本の書き方のベースになったのはやっぱりこの本だった。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する