オルタナティブ・ブログ > 少しでもパラノイアになってみる >

知的好奇心を満たすために、いろいろなことにチャレンジする

AmazonのKindle Fireは成功するのか

»

Amazonから噂になっていたAndroidタブレットが発表されました。年末商戦を優先したため、RIMのBlackBerry PlayBookにそっくり(ODM先が一緒だから?)とか言われていますが、私は性能を落としてもっと軽いものがでるのではないかと思っていました。

Amazonは、Kindle Fireで3Q'11で100万台発売すると言っています。メディアタブレットの2011年の発売台数が6,400万台を予想されています("PCとスマートフォンとメディアタブレットの出荷台数予測(Sep'11)")。このため、四半期で100万台は市場の10%近くを狙うことを意味しています。

2010年のKindleは800万台販売されたと言われています(Amazonは正式なデータを公開していないので正確なところは分からない)。ただしこれは端末が100ドルに落ちたため達成できたと言われています。

100ドル前後言えば、ディスコンになって99ドル(安いタイプ)で投売りされたHPのTouch Padが売れに売れていたことがありました。このカテゴリの価格設定としては100ドル前後が目安な様な気がします。

このため、Kindle Fireは若干高い感じがしなくもありませんが、200ドルは他社から比べても安価部類です。200ドルの低価格設定はAmazonが取り扱っているコンテンツの消費用端末の役割があるため、低価格化できると言う物でしょう(ビジネスモデルが良く出来ている)。

このあたりはGoogleがAndroid端末を開発しているのと同じで、自社のメイン業務をサポートする端末を販売するのはリスクが少ないビジネスモデルになります。このため、端末のみを売ることをメインにするメーカにはこのような争いには苦しいかも知れません。

シャープのGALAPAGOSがいまいち波になれないのは、このあたりに問題があるのかも知れません(本も一緒に売ってはいますが)。ただし、AmazonはKindleを発売して一年間でたった24万台しか販売できず苦戦しましたが、それで撤退せずにやり抜いてKindleを立ち上げたことを考えるとビジネスは続けることも大切なのではないかと思えてなりません。

Amazonは本の販売をメインとしているため、Kindle Fireの差別化をそれほど重要でないと思いますが、Amazon Silkは面白いか取り組みに見ます。Opera miniのやり方と一緒じゃないの?と思わなくもないですが、こちらの方がよりサーバに負荷をかけている感じがします。このあたり、GoogleのChromeに盛り込んだ先読み等の機能も盛り込めばWEBブラウジングがもっと楽になるかも知れませんね。

Kindle Fireは自社コンテンツ消費端末の役割があるため低価格で販売できます。他社が高性能なメディアタブレット(CPUとかGPUとか)で差別化してきても、Amazonはその競争に乗らなくてもいいため独自路線を貫くことが出来ます。ゆくゆくは本を読むためにもっと特化した後継機種が出てくるかも知れません(軽いのを期待!)。

AmazonのKinld Fireでどの程度市場に受け入れられるかまだ分かりませんが、Kindle端末と見れば既存製品の価格比程度は売れると思うので、3Q'11のAmazonの目標は達成できると思います。もしかすると年末商戦に向けて大幅にディスカウント(100ドル前後)して強引に販売数を増やす対策を打ってくるかも知れません。そのようになると、メディアタブレットの出荷台数はGartnerの予想よりも多くなるかも知れません。

Comment(3)

コメント

TETSU

自分もその安さから最初は100万台なんて余裕だろうと思っていたのですが、よくよく調べてみると他のタブレットにあってFireにないものが結構多くて・・・あまり使われてない機能を省いて安く作る戦略はあたっていると思うけど、他のタブレットを全て駆逐するほどの迫力はなさそうです。
それよりも Kindle Touch の方が安くて使いやすく、Kindleで電子書籍を読むメインユーザーにはうけそうな気もしますしね。
どちらにしろ日本では使えないので・・・早く日本にも本格上陸を期待したいです。
それにしてもソニーリーダーは発表日はわざとぶつけたのでしょうか?ちょっと気になる。

TETSUさん、コメントありがとうございます。
確かに本を読むならばKindle Touchなどのほうがいいですよね。それも日本展開が...何か遅れる要因とかあるんですかね。そのあたりが逆に日本での電子書籍の普及率に関係している感じがします。

石松

初めまして、石松と申します。
きっとKindle Fireは成功するでしょう。
そしてきっと、初代Kindle(お蔵入り)とNOOK(実はかみさんの物)とiPad2(ほとんどかみさんが使っている)を持っている私も買います。
本当にアマゾンが作りたいのは実用的なカラーe-inkのKindleでしょうけど。

Kindle Fireの発表ではiPadをかなり意識したものになっていますがこれは話題作りでしょう。
櫻吉さんが言われているように、Kindleは自社コンテンツ消費端末ですから、『NOOKとNOOK Color以外の』iPadとかとのタブレットと競争するより、Kindleファミリーによって本と雑誌等のカラー物をアマゾンのサイトから売ることが目的でしょう。
Kindle Fireの成功は他のタブレットよりどれだけ売れたとかではなくて、Fireも含めてKindleによって前年よりどれだけ本が売れたかによると思います。たぶん雑誌は今とはFireによってアマゾンから売れると思います。
コンテンツが売れれば他のKindleみたいにすぐに安くなるでしょう。

それにAndroidアプリはおまけでいいでしょう。
アメリカでも本離れが言われていますが、これによって本を読む人が増えるとも思いませんし。
だからKindle Fireの対象のユーザーは【本】ではなくて、雑誌や子供の絵本や図鑑や写真集等の読者でしょう。
ただ、Androidアプリがおまけであっても、そのおまけとこの値段のおかげで買う10代20代の人が出てくるでしょう。
もうすぐ50の私もバケーションの時持っていくバードウォッチングや植物・生物図鑑のために買います!はい、ゲームもします!
今年の旅行に私はiPad2を得意げに持っていきましたが大きすぎるし重かったです。

大きな声では言っていませんがB&NのNOOKが去年クリスマスシーズンに売れたのはNOOKからNOOK Colorのアップグレードパスがあったからなのです。
NOOKをプレゼントにもらった人がB&Nの本屋に持っていけばColorとの差額分を出すだけでColorにアップグレード出来るのです。
これによって、もしかして、、、B&NはNOOKとNOOK Color二台が売れたことにしているのかもしれませんが。が...
もしかしたら非公開でもアマゾンもTouchからFireへのアップグレードパスをするかも。
そうすればTouchもFireも去年のNOOKより売れます。ただリテールの本屋をアマゾンは持っていないから、どうするか分かりませんが。
と言う、私の勝手な想像です。
長文で失礼しました。

コメントを投稿する