オルタナティブ・ブログ > 少しでもパラノイアになってみる >

知的好奇心を満たすために、いろいろなことにチャレンジする

Javascriptベンチを取ってみた(Aug 18,2011)~Firefox 6.0登場~

»

Firefox 6.0がアナウンスがありましたので、Javascriptベンチを取ってみます。

Javascriptベンチは、SunSpider V8 Benchmark SuiteKrakenPeaceKeeperAsteroidsです。

測定したPCは、Phenom II X6 1090T BE(3.2GHz)、Radeon HD 6850、Windows 7 64bitです。SunSpider、Krakenは値が小さいほど優秀で、V8 Benchmark Suite、PeaceKeeperとAsteroids は値が大きいほど優秀です。

傾向はそれほど違いがありません。ただ、Sunspiderを複数回実施にしているのですが、IEからChromeまで、10%も違いがありません。Sunspiderはベンチ的に不釣合いであるとも言えます。

3DMarkなども年々重いベンチを発表しています。これは新しい技術の導入の意味合いもあるかと思いますが、ハードウェアが更新され続けるため、上限に到達して差が開かなくなり始めるためです。SunSpiderは限界に到達し始めているため、そろそろリプレイスしてくれないかなと思ったりしています。Asteroidsも少しすると差がなくなりそうな感じはしていますが。ベンチはやっぱり定期的にupdateしないとだめですよね(しすぎても困りますが)。

そういえば、"ゲームを作ってみた"でChromeでデバッグをしていて、他のブラウザで動かすのをブログに貼った後に試したのですが、あそこまで速度差が出るとは思っていませんでした(ThinkPad X201sで試した経験)。もたつきのはネット上に配置した画像取得関係に問題がありそうでしたが、それではChromeは快適でした。そこらへんは何が取り扱いとか違うものなのでしょうかね。HTMLビューアー的なところなので、ベンチなどにはしませんが(DOM操作しているのが遅いのかな...)。

Firefoxは、5.0からChrome並の更新スケジュールになっています。このあたりは、次回にはNetApplicationのブラウザバージョン別のシェアをグラフ化してみたいと思います。Chromeは、非常に綺麗に世代交代していますが、それがFirefoxではどの程度か比べてみたいと思っています(Firefox 4.0が出て間がないので、前回グラフ化しませんでした)。

私はFirefoxユーザなので、早い更新はある程度仕方が無いと思って受け入れています。こればかりはライバルがいて、それが有効な対策だと思えば、取り入れざるを得ないと思いますし、盛り込まれる機能をすぐに使用するのも悪いとは思っていません(IE/Safariの年1回更新は少ないと思っている)。

後できれば、Chrome CanaryやOpera NextみたいにFirefoxのNightly、Auroraやbetaが同時起動できると良いですね(ベンチを取る上で楽!)。今、Firefoxは1種類しか起動できません。Chrome stable/beta/devみたいに、一度一つしかインストールできないよりは便利ですが。

Comment(2)

コメント

Firefoxでも複数のプロファイルを作ってプロファイルごとの起動用ショートカットを用意しておけば、Firefoxのバージョンにかかわらず好きなだけ同時起動できますよ。

プロファイルマネージャを起動(Win7ならスタートボタンの入力欄に「firefox.exe -P -no-remote」)して同時起動したい数だけプロファイルを作成。
firefox.exeのショートカットも同時起動したい数だけ作成して、それらのショートカットのプロパティを開いてリンク先を「"~\firefox.exe" -P -no-remote "プロファイル名"」のように変更すると、そのショートカットから起動するFirefoxは同時起動できます。

詳しくは「Firefox 起動 "-no-remote"」でググッてみてください。

とおりすがりさん、有益な情報ありがとうございます。
試してみます。

コメントを投稿する