オルタナティブ・ブログ > 少しでもパラノイアになってみる >

知的好奇心を満たすために、いろいろなことにチャレンジする

Javascriptベンチを取ってみた(Aug 5,2011)~Chrome 13登場~

»

Chrome 13がアナウンスがありましたので、Javascriptベンチを取ってみます。

Javascriptベンチは、SunSpider V8 Benchmark SuiteKrakenPeaceKeeperAsteroidsです。

測定したPCは、Phenom II X6 1090T BE(3.2GHz)、Radeon HD 6850、Windows 7 64bitです。SunSpider、Krakenは値が小さいほど優秀で、V8 Benchmark Suite、PeaceKeeperとAsteroids は値が大きいほど優秀です。

Javascriptベンチを定期的に取っていますが、あまり傾向が変わりません。ですが、今回久々にChrome 14以降でKrakenが速くなっているように見えます。Chrome 14からV8が3.4に替わったのが影響しているのでしょうか。

また、もう少し面白そうな新しい総合的な新しいベンチとか出てくるといいのですが。

NetApplicationsから2011.7のブラウザシェアが公開されました。グラフ化してみました。Operaの項目にはOpera miniも加算しています。

■シェア

■先月差

(出典:NetApplications)

SafariとChromeが元気です。特にSafariはが増えているのはiOSの販売台数の増加が影響しているのでしょうか。

IEはこのままならば年内に50%を切り、Safariは10%の大台に乗り、Chromeは15%に到達しそうです(FirefoxとOperaは現状維持)。IEが50%をきることは大事のような気がしますが、2011年に起きる可能性は十分に出てきました(年始の時点では無理だと思っていた)。

トップが50%を切り、3,4位の勢いがあるとパワーバランスが大きく動き変わりそうです(実質IEがHTML5の採用やJavascriptエンジンに手を入れたのはシェア低下の意味合いが強いでしょう)。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する