オルタナティブ・ブログ > 少しでもパラノイアになってみる >

知的好奇心を満たすために、いろいろなことにチャレンジする

ThinkPad X201sを購入した(4セルスリムバッテリーの駆動時間調査)

»

"大は小を兼ねる"という安易な考えからThinkPad X201sを購入時に9セル大容量バッテリーを選択しました。予想よりもX201sのバッテリ駆動時間が長すぎたので、4セルスリムバッテリーを購入して前回同様にバッテリー駆動時間を調べてみました。

9セル大容量バッテリーは奥にはみ出る上に、少し奥が高くなる仕様でした。私はキーボードの奥を上げない派(フラット派)のため、4セルスリムバッテリーに変えたときに、使いやすいと思ったものです。

バッテリー駆動時間の条件としては以下で行いました。

・BBenchでキーストロークあり
・BBenchでWEB巡回有
・WiMAXでアクセス
・CPU速度:自動
・CPUディーパースリープ:有効
・ファン制御モード:バランス
・ディスプレイブライトネス:一番明るい
・Intelグラフィックス電源設定:Balanced
・100%から5%までの時間

バッテリ バッテリ
駆動時間
(時:分)
重量
(g)
エネルギー
容量
(WH)
4セルスリムバッテリー 1:47 454 29
9セル大容量バッテリー 5:29 908 94

私は通常X201sを外で使うのは1時間前後ぐらいです。毎日バッテリーを充電していれば、4セルスリムバッテリーで十分です。

4セルスリムバッテリーを付けてX201sを持つと450gの差は歴然です。こんなに違うのかと。外で使うことを前提にした場合は"軽いは正義"だと思いますので、自分が期待するバッテリー駆動時間ならば4セルスリムバッテリーでも良いのではないかと思います。

【ThinkPad X201s関係】
ThinkPad X201sを選択した3つの理由
ThinkPad X201sを購入した(ベンチ編)
ThinkPad X201sを購入した(CPUの設定編)
ThinkPad X201sを購入した(キーボード編)
ThinkPad X201sを購入した(CPU設定とバッテリ駆動時間の関係編)
ThinkPad X201sを購入した(WXGA+の効果編)
ThinkPad X201sを購入した(まとめ編)
ThinkPad X201sを3ヶ月使ってみて分かったこと
ThinkPad X201sを三枚におろしてみた

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する