オルタナティブ・ブログ > ビジネスライターという仕事 >

ITに強いビジネスライターとして、企業システムの開発・運用に関する記事や、ITベンダーの導入事例・顧客向けコラム等を多数書いてきた筆者が、仕事を通じて得た知見をシェアいたします。

【電子書籍うろうろ】インデックス

»

一段落ついたのでインデックスを作ってみました。今後も記事をアップするごとに更新していきます(2013年2月21日)。

(1)よく分からないが始めてみた(2013年2月4日)

  • 電子書籍で収入を得たいと考えた筆者が、それならKindleだろうと考えた経緯
  • Kindle端末を買わずにiPadとスマホでKindle本を読む方法

(2)自炊以前のレベルなんですよね(2013年2月5日)

  • とりあえずiBooksでPDFを読んでみる
  • PDFはパラパラめくりができない(EPUBはどうだろうかという疑問がわく)

(3)EPUB形式でパラパラめくりができるか?(2013年2月6日)

  • SigliというEPUBエディタで簡単なEPUB本を作ってみたところ、iBooksでパラパラめくりができることを確認

(4)Kindleに・パーソナルドキュメントを送付してみた(2013年2月7日)

  • Kindleのパーソナル・ドキュメントサービスを使ってみた
  • 縦書きのWordファイルを送ってみたが横書きになった
  • 縦書きに印刷したPDFを送ってみたが左綴じになった
  • 縦書き・右綴じにするにはどうしたらいいのか?

(5)青空⇒EPUB⇒mobiで行くことに(2013年2月8日)

  • とりあえずの方針として、青空文庫形式のテキストファイルを作成し、それをツールでEPUB化し、さらにAmazonが提供しているKindlegenというツールでKindle形式にすることにした

(6)方針変更?そして青空は......(2013年2月11日)

  • ChainLPというツールを使うと、青空文庫形式から一気にKindle形式にできることが分かったので、それを使うことにする
  • 青空文庫形式のテキストファイルをとりあえず作ってみた

(7)迷い道くねくねだが・・・(2013年2月13日)

  • ChainLPをWindows7で使うのにまず失敗するが、なんとか使えるようになり無事mobi形式のファイル作成に成功する
  • 寄り道して調べているときに、Kindleアプリでは右綴じPDFでも左綴じと解釈されることが分かる
  • ChainLPで作成したmobiファイルも右綴じにならない
  • ChainLPの前に使おうと思っていたAozoraEpub3というツールでも、細かい違いはあったが、右綴じにならないということでは同じ

(8)縦書き・右綴じにはとりあえずの結論(2013年2月20日)

  • KindlePreviewerというPC上でもKindle本の出来栄えを確認できるツールがあることを知る
  • EPUBエディタSigilを使って、最初からEPUBを作成するのが一番いい(自分には合っている)方法だと分かる

(号外)青空文庫をiPadやスマホで読もう(2013年2月22日)

  • 今まで得たノウハウを使って、iPadおよびAndroidユーザー向けに青空文庫の本を読むベストの方法を提案

 

記事に共感した方は、ぜひ下記のサイトにもお立ち寄りください。

top.jpg


head_catch.gif

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する