オルタナティブ・ブログ > ビジネスライターという仕事 >

ITに強いビジネスライターとして、企業システムの開発・運用に関する記事や、ITベンダーの導入事例・顧客向けコラム等を多数書いてきた筆者が、仕事を通じて得た知見をシェアいたします。

夜行バスの事故はいったい誰が悪いのか?

»

小泉時代に、「痛みを伴う構造改革」というのがあった。その目玉の一つが規制緩和であった。

おっと、タイトルと出だしだけを見ると「規制緩和」犯人説を論じようとしていると思われるかもしれないが、話はそんなに単純ではない――と断っておく。

さて、規制緩和というのは、市場に任せるということである。具体的にいえば、自由競争を促進し、企業努力を促し、日本中にイノベーションが巻き起こるようにする。それにより優良企業が輩出し、景気が回復することを狙ったものであったはずだ。

自由競争なので、もちろん負ける企業は出て来る。そのような会社の経営者や従業員およびその家族にとっては痛みである。このことをもって「痛みを伴う構造改革」と言っていたはずだが、好景気さえ実現すれば、痛みは一時的なもので、「負け組」も救われるはずだった(下図)。

2012050201.jpg

上は、僕の理解に過ぎないが、大きくは間違っていないと思う。少なくとも、我々は小泉首相のこのようなビジョンを信じて、彼を熱狂的に支持したのではなかったか。

この記事は、小泉批判でも構造改革批判でもない。小泉元首相ほど毀誉褒貶様々な人はいない。彼自身の本音もあまり語られてこなかった。とにかく謎が多い人だ。彼とその政策を評価するのは後世の歴史家の仕事だと思う。

ただ、今年73歳になり、今も現役で建設業界で働いている父の話を聞いていると、実際に起こったことは上の図とは違うことのようなのだ。

 

制緩和が新規参入の促進を目的とするものであれば、競争入札(企画競争でも一般競争でも)とワンセットになるのは当然の理である。

「先ず隗より始めよ」ということで、政府調達からその流れは始まった。これは小泉内閣以前から行われていた。その後自治体が続き、現在のように競争入札が当たり前になった。

ここまでは悪い話ではなかったはずだ。

ところが、父の話を聞いているとそうでもないようで、元請はまだしも、下請にとっては談合時代のほうがぜんぜん良かったというのである。ちなみに父は現役時代元請におり、定年後下請相手のコンサルに転身した。

談合の是非は別として、少なくとも談合時代には元請は下請を守ろうという気持ちがあったのだと言う。今はまったくなく、ただ安いかどうかだけが選択基準だというのだ。当然、体力のない下請はどんどんつぶれていった。残っている下請もさらなる価格低下を迫られて、いつつぶれるか分からない。

 

「つぶれるのが手抜き工事ばかりしている悪徳業者だけならいいんだけどね、良心的な会社から先につぶれる傾向はあるわな」と父は言う。もちろん優良企業も生き残っているが、規制緩和により安くやるしか能のない素人企業も新規参入してくるので、もう訳が分からない状態なのだという。

「それでも、元請や発注元(公共機関など)がチェックできればいいのだけど、今は基本的に価格だけだろう? そうなると見積書が読めればいいだけになるから、きちっとした積算ができる役人とかがいなくなっちゃったんだよ」

父の話によれば、ある自治体の予定価格が自分の積算の半分程度だったので、チェックするため基となる積算資料を見せてもらったところ、必要な作業がたくさん抜けていて(たとえば土砂を運ぶはしけの代金など)、これで工事した建造物には近寄りたくないと思ったとのこと。

そして、自治体などのチェック機能とそれに必要な積算能力などは、民主党政権になってからは、回復不能が懸念されるほどのダメージを受けているのではないかと言うのだ。

 

制緩和が悪いと言っているわけではないし、建設業界に談合を復活させようというキャンペーンを張っているわけでもない。

ただ、実際に起こっていることは、どうもこのようなことらしいのだ(下図)。

2012050202.jpg

建設業界だけならまだしも、僕の知るIT業界でも同じようなことは起こっている。あながち間違いではないと思う。

あなたの業界はいかがだろうか?

 

て、先日の痛ましい夜行バスの事故。

僕は、誰が加害者なのか明らかにしたくて、今回の記事を書き始めた。

素人業者が大量に新規参入した結果価格競争が起こり、無責任な丸投げが横行しているからでは分かり易すぎる。

もっと遡ってその原因となった規制緩和に原因があるのではないか?

そう結論したかったのだが、僕には誰が悪いのか、よく分からなくなっているのだ。

被害者ははっきりしている。加害者がよく分からない。少なくとも特定は難しい。

 

スの運転手も、ある意味被害者だという気がする。自分を彼の立場に置き換えたら、簡単には責められなくなる。

旅行会社やバス会社はどうだろうか?

なにしろ「自己責任」の世の中である。事故を起こしたら責められるが、しかし機会損失の結果会社をつぶしても誰も助けてくれないのである。

だから、GWという掻き入れ時に、一方で事故が起こるかもしれないと思いながら、一方ではとにかくバスが運転できるやつを掻き集めろという心理は分からなくもないのだ。

もちろん被害者への保障や今後の安全対策の見直しなど一定の責任はあるが、加害者の氷山の一角という気がするのである。

 

会的な加害者を探せば、何でも安ければいいという我々消費者全般も悪いし、その空気を作っているマスコミ(安い店の特集が大好きだ)も悪い気がする。しかし、本当にそうなのかは断定できない。

じゃあ、規制緩和が悪いのかというと、それもよく分からない。結果論として、規制緩和が悪かったと結論付けるのは簡単だが、だったら我々はどうして小泉ビジョンを信じたのか?

小泉ビジョンはあながち間違いではなく、そうならない国民の能力が低いだけかもしれない(実際、会社の経営に失敗すると社長が無能だからで片付ける人はたくさんいる)。いや、国民の能力は高いのだけど諸制度に問題があるのかもしれない。ただ、僕には判断基準がないし、誰かが示してくれることもあまり期待していない。

とにかくどこかに深い根があって、それを何とかしないと、こういう事故はなくならないだろう、という予感がするだけだ。

 

不尽な死を嘆く遺族や友人の気持ちが分からないのかといわれたら、それについては大いに反論したい。

僕の友人にも理不尽な事故で20歳で命を失ったやつがいた。

御茶ノ水駅が朝のラッシュでは危険なことをご存知の方は多いだろう。彼は混雑の中、乗換駅の御茶ノ水駅で線路に転落し、列車に轢かれて死んだ。JRは自殺と決めつけ、一部新聞はそれを真に受けた断定報道をした。

しかし、彼は研究室からも将来を期待される学者の卵で、何かに悩んでいた事実もない。遺書はもちろんなかったし、遺品の中にはその日の晩に予定されていた闇鍋に入れる材料が入っていたという。

告別式には、数百人もの同世代の人間が参列し、みんな泣いていた。彼がどれだけ慕われていたか分かるであろう。

こんなに自殺から遠いやつはいなかった。

遺族は、JRと新聞に抗議し、自殺報道の撤回を迫ったが、どちらも受け入れなかった。どれだけ無念だっただろう。親しくしていた僕も、本当に無念だった。

 

不尽な死を理不尽にしない方法はたった一つ。その死を意味あるものにするということだ。それで悲しみが癒えるわけではないが(こんな僕でも、死んだ友人がいま生きていればなあと思って涙することがいまだにある)、受け入れることはできる。

だから、遺族の思いも最終的には事故が意味あるもの、つまり今回の事故の教訓が活かされることに向かうはずだ。

ただ、それは加害者の特定と弾劾ではないように思えてしかたがない。

我々一人一人が、今回の事故に一役買っているように思えてならないのです。

このように書くと、何でもかんでも自己責任という輩と区別がつかないかもしれない。

それでは、こう考えたらいかがだろうか? 自分たちがいつバス運転手の立場になるかわからないし、自分たちの会社がいつ今回の旅行会社やバス会社のようになるかもしれない。

たまたまそうなっていないのは運がいいだけなのだ。その意味で、我々一人一人は有責者である。

そうでも考えないと、亡くなった方々に礼を欠くように僕は思うのです。

 

なみに友人の死は、自殺と断定するJRにとっては何の教訓にもならず、JRの駅のホームにはいまだに防護柵も張られないままだ。友人の死から30年経つが、JRの安全対策が向上したかといえば、それは利用者の我々が良く知っている。

いまだに多くの人が亡くなっている。その中には自殺者以外もいるはずだ。

本当にやりきれない。

 

自社の考えをインタビューして文書化してほしい方は↓

top.jpg

Comment(11)

コメント

匿名

もちろん規制緩和にある程度の原因はあります。
現在の運転免許制度にも一因はあると思います。教習所で大型二種も取れるので、「とりあえず取っておこう」と言う人が増えたおかげで、
運転手が増え、その結果会社は「嫌ならやめれば良い」と無理を強要する。運転手は限界だと感じながらも何も言えずに走る。人が足りなかったら、
今回の様な日雇いを使う。
新規参入が増え、料金の叩き合いが始ったもう一つの要因として、東京都の排ガス規制もあったと思います。
都内に車庫を置く大手などが、まだまだ使えるクルマを売りに出さざるを得なくなり、周りの千葉、茨城、埼玉などに車庫を置く新規参入がその車を買い、結果走ってはいけないはずの車が都内を走り回る。
新規参入が増えとにかく安ければ良いという考えで、各ツアー会社は営業圏も無視して配車してはいけないはずの地域に圏外からの車を呼び、1人でも多くのお客様を乗せようと、交代の運転手の席を設けずに人を集める。
やはりそういう会社は新規参入が故にどんな場所にでもツアー会社に言われたとおりに運転手を1人で向かわせる。
それまであった大手もそれに対抗する為に金額を下げ、仕事の合間のパーキングエリアのホンの15分の休憩、お客様が観光している間の待機ですら、「ハンドルを握っていない」と仕事の時間からカットされて、結果一日の拘束時間が法で認められている16時間一杯になる。
そして、忙しい時期には、どんな会社の運転手も家で寝られるのは3〜4時間という毎日が続く。
バスの料金の見直しももちろんだが、労働基準の見直しも不可欠であると思います。

たぬっち

そうですね、やっぱり今回の事故だけで言えば、夜行急行能登や寝台特急北陸を廃止に追いやったダンピング殺人ツアーバスと、値段だけ見て「うわー、安い!」と安直に飛びつく消費者の共同殺人でしかないでしょうね。
民主党は政党助成金を全額夜行急行や寝台特急の赤字補てんに回す(少なくとも「自称」鉄道趣味人の前原なら政治家お得意の公私混同でやれたはず!)とかしていたら、この事故は防げ成したし、翌日の「大量キャンセル=旅行中止」も無かったと思います。

もちろん、ボケジジイ中曽根康弘以来の鉄道無視政策(彼はこの責任を取って勲章と年金を終身全額辞退返上すべきで、息子は今すぐ議員バッジ返上すべき)が遠因であるのは言うまでもない!

日本では運転手やバス会社をバッシングして終わりになるが、イギリスではなぜそうなったのかを徹底的に追及してたとえ自国の航空機メーカーを倒産させて(コメット墜落事故やトライデントヒースロー事故)でも真相を明確にする。

新自由主義者ではないが

規制緩和で優良企業が輩出し,景気回復につながるはずだったのが,過当な価格競争でデフレが続く。安かろう危なかろうで,今回の痛ましい事故になった。何が違ったのかと言えば,イノベーションが進まなかったことだと思う。企業の古い体質がそのままなのは東電の原発事故や食品の安全をめぐる数々の問題を見てもわかる。政府や自治体の古い体質もそのままで,いまそれと闘う橋本大阪市長が人気だ。消費者は年収が下がっているのだから,安くて良質なサービスを求める。しかし旧態依然の仕事しかできない政府や自治体や老舗企業の多くは,その要求に応えられず,消費者をモンスター扱いして自己正当化する。企業や政府のイノベーションこそ問われている。

森川滋之

GWで遊びに行っている間に、たくさんのコメント、ツイート等がありました。ありがとうございます。

みなさまのおっしゃること、どれも一理あると思います。また私などが及びもしない卓見もあったと思っております。

ただ、「深い根」に届いているかというと、まだまだ議論が必要なようです。

私としては規制緩和には疑問がありますが、規制強化については大嫌いなのです。

きちっとした業者や人間が一番報われる、適正規制を作ろうというのは、今の日本では夢物語なのか、だとしたら何故それが夢物語になってしまうのか、そのあたりを一生懸命考えていかないといけないのかなと思う次第です。

品質管理

お父様の業界の話までは良かったです。
後の話は「ナニ?」理解できません。

>それでは、こう考えたらいかがだろうか? 自分たちがいつバス運転手の立>場になるかわからないし、自分たちの会社がいつ今回の旅行会社やバス会>社のようになるかもしれない。
> たまたまそうなっていないのは運がいいだけなのだ。その意味で、我々一>人一人は有責者である。

これはテレビコメテーターと同じだ。
  政治が悪い→政治家が悪い→選んだ国民が悪い→元に戻る
この連鎖で昔から変わらず。

亡くなられたご友人のご冥福をお祈りします。
が、なんでJRが悪くなるのか?
JRが悪いなら、バス会社が悪いことになるのではないか?

ナニがいいたいのか、JRが悪いのか、
良く判らないです。

森川滋之

理解できないことを書いたのを謝れと言っているのか?、理解できないから説明しなおせと言っているのか? そこが読み取れないのですが、せっかくコメントをいただいたので何らかの返答はしたいと思います。

前者であるなら、すべての方に100%理解していただこうとは思っていません(そんなことは不可能です)ので、謝るつもりはありません。長々と理解不能な文章につきあってしまったあなたを気の毒に思う次第です(その点、多少は申し訳なく思う部分もありますが)。

後者だとしたら、実はこの文章、相当難しいのです。敢えて非論理的に書いています。ですので、非論理的と思ったあなたは正しいのです。

なぜそうしたかというと、たまたま内田樹さんの『他者と死者~ラカンによるレヴィナス』(以下、『他者と死者』)という本を読んだ直後にバス会社の事件が起こったためです。あまりにタイミングが良すぎて、この本で得たいろいろな知見を活かせないかと考えました。

まず、『他者と死者』はレヴィナスという哲学者の思想を伝えるのが目的の本です。このレヴィナスさんは敢えて分かりづらく書くことで、いろいろな解釈の可能性を残すという書き方をする人です。付け焼刃ではありますが、この書き方が取り入れられないかと考えました(ただし、レヴィナスの文章は難解ですが、私は平易に書いたという違いはあります)。

様々な解釈ができるような書き方に成功しているかは分かりません(たぶん失敗しているでしょう)が、少なくとも心に引っかかる文章にはなったように思います。

このため、あなたのように論理的に文章を読み取ろうする方(それは成績優秀な方だと思います)から見ると、論理がおかしい、何が言いたいのかわからんということになるのだと思います。

逆に感性で読んでくださっている方は、(内容というよりは僕の心情を)おおむね理解してくださっているように感じます。

もう一つは、『他者と死者』の全体を貫くテーマとして死者に対する有責性という話があります。今回の記事は、これがモチーフになっています。

したがって、

> これはテレビコメテーターと同じだ。
  政治が悪い→政治家が悪い→選んだ国民が悪い→元に戻る

などという単純な話ではなく、レヴィナスの言うかなり深いこと(内田さん経由ですが)を踏まえて書いています。

ただ、レヴィナスの死者への有責性の議論はとても難しく、私にはうまく説明する能力はありません。もし理解したいと思うのでしたら、ぜひ『他者と死者』(文庫で700円ちょっとです)をお読みください。分かりづらいという意味では私の文章どころではありませんが。

ただし、論理を離れて感性で読めば難しい話ではありません。どうすれば、死者に対して礼を欠かないかを一生懸命考えろというだけのことですから。

それには他人事ではなく、自分に引き寄せて考えるしかありません。

蛇足ですが、私が一番言いたかったことはこのことなのです。でも、そう読み取れなかった人がたくさんいたとしても、それはそれで構わないという書き方をしました。自分の考えを伝えるというよりは、問題提起をすることで、読んだ人に考えてもらいたいというのが、今回の記事の趣旨だったからです。

Naoki_O

亡くなった方には悪いのだけど、ある程度は、自己責任の部分もあると思います。100%亡くなった方の責任ではないけど、0%でもない。
格安バスツアーが危ないことは、既に何度も事故が起きて、わかっているはずです。にもかかわらず、何故格安ツアーを利用したのか。ユッケ・レバ刺しもそうだけど、格安な商品やサービスには、お金の代わりに何かを支払っていて、その中には、品質だけでなく、行くところまで行くと、その善悪はさておき、利用者の命も入ってしまうものではないでしょうか。
私は、規制の少ない社会で利用者自身が危険な格安業者を避けるか、規制の強い社会で費用の上昇分に加えて規制と監視を行う機関の運営費まで利用者と国民全体が負担するか、だと思っています。
一時期規制緩和がもてはやされたのは、そうした規制や監視に支払う費用を嫌った部分もあるように思います。それは当然、国民自身がその分のリスクを負う事に他なりません。ありとあらゆる利益には代償が必要で、安い旅行には命が、国家や行政による生命の保護には税金が、求められるのであり、人々がどっちを望むか、ではないでしょうか。カネは払わんが安全はよこせ、はあり得ません。

ところで、規制緩和に向かう理由のひとつがそもそも規制に支払うお金さえ惜しいからだとすれば、景気の悪いときは、安かろう悪かろうに進むのもむべなるかなとも思います。

品質管理

森川様、ご返答ありがとうございます。
>理解できないことを書いたのを謝れと言っているのか?
謝れなんて思いません。それほど私は偉くないし傲慢でもありません。
>理解できないから説明しなおせと言っているのか?
「理解しやすく説明して欲しかった」と思いました。
>他者と死者』はレヴィナスという哲学者の思想を。。。
森川さんの文章の表現の仕方が分かりました。
「相手へ理解させる」考えに私と森川さんに違いがあったようです。
それを良いとか悪いとかは私には判断出来ません。
(日本は言論・表現の自由がある国ですから)

もし、
あらゆる考え方があって、あらゆるリスクがあって、
あらゆる責任が存在して
それを受け止めて行動しなければならないなら、
「私はJRの駅に行きません、格安高速バスにも乗りません」
「事業が赤字経営なら、精算して借金0の時点で事業辞めます。
 サラリーマン・雇われ技術者になります。」
「日本の政治が嫌なら外国に永住します」
「車の運転して居眠りして事故をおこすなら、運転はしません」

なぜなら、リスクが発生しないからです。
これが私の簡単明瞭な考えです。

森川滋之

Naoki_Oさま

それも一つの考えだと思います。

品質管理様

>「相手へ理解させる」考えに私と森川さんに違いがあったようです。

この記事に関しては、あえてそう書いたということです。

記事によって使い分けています。

”コンプライアンス”この言葉が諸刃の剣であると考えます。
以前勤めていた会社でもこの言葉が出た時に、現場では反発しましたが”第2の雪印を出すな”の言葉を出され納得した記憶がよみがえってきました。
小泉政権が打ち出した”規制緩和”も同じく諸刃の剣だと思います。
正直私の中でも、この”規制緩和”や”コンプライアンス”に対して何が良くて、何が悪いのか?が分りません。
今回の事故に対しても、規制に当てはめれば悪い所だらけですが、事故が起こって初めて処罰するからみんなやっちゃうんです。
規制と言うのは一律でなければならないし、大企業が守って中小企業や個人が守らなくてもいいと言うものではありません。
私は建設業や運送業、両方に携わる経営者として対役所と何度も接していますが、役所は実際に現場で何が起きているのか把握しているのに、法律に当てはめて机上の論理しか言わないと言うか、言えない事にも問題があると思います。
ここからは、私の持論ですが日本の経済を悪くしている要因として”コンプライアンス”が挙げられると思います。
”コンプライアンス”が悪いわけではなく、これに掛かる費用が利益に反映されないから問題なのではないかと思います。
これらの費用を生み出す構造もあっていいのかな?と思ったりもしています。
ちょうどGWに海外へ行ってバスに乗りましたが、ドイツやスイスは運転手1人で長時間運転、フランスは労働時間や運転手の数がちゃんと定められており、また東南アジアでは規制があってないようなものでしょう。
このような事を踏まえて、規制やコンプライアンスの論議をもっとして、どうしたら安全にまた利益を出して世界に勝てる日本にしなければならないと思います。

森川滋之

私も日本的なコンプライアンスが諸刃の剣という考えに同意いたします。それどころか諸悪の根源の一つぐらいに思ってさえいます。


日本的なコンプライアンスは、まともな会社を苦しめ、バレさえしなければという前提がつきますが悪い連中に利益をもたらすものだと考えています。

というのは、マスコミはコンプライアンスを"法令遵守"などと訳しますが、法令遵守はあたりまえのことだし、そういう日本語は昔からあるわけで、いまさらコンプライアンスなどという言葉を使う必要はないからです。

コンプライアンスを正しく訳すなら、たとえば"法の上を行く経営(あるいは行動)"とすべきものだと思います。

つまり法の精神を理解した上で、さらに倫理的な経営(行動)をしようというのが、本来のコンプライアンスのはずです。なので、本来は厳しい規制を作るのではなく、こういうことを達成しようよという法の目的を明確にして、あとは会社や個人に委ねるべきものなのです。

ところが日本では、法令遵守などと訳したがために、役所が経営の合理性などと関係のない意味のない基準をどんどん作るわけです(その意味でモノを考えないマスコミの罪はきわめて大きい。言葉に鈍感な人間ばかりがこぞってニュースを流しているとまで言いたい気持ちです)。

法の精神を守るための基準など本来は各会社で考え、結果として安全を保障していけばいいはずなのに、日本ではそうはなっていない。

このあたりにも日本の病の根深い原因があると考えていました。

ずっと考えていたことを思い出させてくださいました。ありがとうございます。

コメントを投稿する