オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

WindowsでGoogleChromeを使う方法

»

ここのところ騒がれている「インターネット・エクスプローラーの脆弱性」について、あちこちからご質問を受けるので、まずはChromeのインストールまでを書いておきます。

20140501_81315_2


取り急ぎ、インターネット・エクスプローラーを立ち上げて「Chrome」または「Chorome インストール」を検索します。すぐに見つかると思いますので、Chromeインストールページを起動します。

 
真ん中に、「Google Chromeを無料インストール」という目立つボタンがありますので、こちらをクリック。

20140501_81330

右下に「同意してインストール」がありますので、そちらをクリック。下から二段目の「Google Cromeを既定のブラウザとして設定する」にチェックが入っていますが、しばらくはこのままでいい、ということであればそのまま。既定にしたくなければチェックを外します。
 
 

20140501_81401

このポップアップが出てきますので「実行」をクリック。ダウンロードが始まります。
 
 
 
 
 
 

20140501_81422

インストール前にはこちらが出てきますので「はい」をクリック。これでインストールが始まります。
 
 
 
 

20140501_81457

インストールが終わると自動的にChromeが立ち上がりますので、これで完了。GmailまたはGoogleAppsアカウントをお持ちの方は設定しておくと便利ですが、設定しなくてもブラウザとして使用できます。
 
かなり初心者的な内容ですが、それほどインターネットが一般化されているということでもあると思っています。「簡単すぎる」という方にはごめんなさい、な内容です。



Comment(1)

コメント

必要システムで指定されている数字より、 0.5 GB くらいの余裕をもっておくことをおすすめします。例えば、ハードディスクの空き容量が 1.99 GB と指定されている場合、2.5 GB 以上の空き容量があることが望ましいとされます。まれに指定よりも大きな容量を必要とする場合がございます。

コメントを投稿する