オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

iPadでPowerPoint、Word、Excelを使えるようになった!さて、、、

»

今となっては、Windowsのみならず、パソコンを仕事に使う人にとってMicrosoft Office、つまりPowerPoint、Word、Excelは、なくてはならないものになっているのではないでしょうか。Officeに依存しているのまでは言わなくても、Officeで作成した資料やデータが社内に存在しない、という企業はほぼないのではないかと思います。
 
そんなOfficeユーザーにとってiPadを使う際の悩みの種が、iPad純正のOfficeアプリがなかったことでした。それとなく編集出来るアプリはいくつか出ていますが、中にはPowerPointのレイアウトが大きく崩れてしまったり、Excelの関数が壊れてしまう、というものもありました。
 
僕自身は、当社で取り扱っているbigtincan hubの中でOfficeを編集しているので困ってはいません。販売している身で言うのはおこがましいですが、大変使い勝手のいいアプリケーションです。
 
しかし、まだbigtincan hubを使うに至っていない企業の方にとっては、なかなか悩ましかったOfficeファイルのために、本家のMicrosoftが待ちに待った純正のOfficeを出してきました。(ただし、日本ではない)
 
本アプリは無償ですが、できることは閲覧だけ。編集をするためには、Office365の契約が必要になりますが、まあ当然と言えば当然。最近はOffice365を契約する企業も増えていますから、便利に使えるのではないでしょうか。(ただし、日本版は出ていない)
 
まだ日本で出ない理由は分かりませんが、邪推するとローカライゼーション(L10Nとか表記されますね)の問題でしょうか。bigtincan hubのローカライゼーションに携わって、改めて日本語へのローカライゼーションは大変だと感じます。単純に文字を翻訳しただけではダメで、文字が変わると同時に横幅が変わることが多いのですね。そこまで考慮しなくてはならないので、時間がかかっているだけ、と個人的には考えています。とはいえ、早く日本でも出てほしいですね。
 
SkyDriveがOneDriveに変わったりWindows AzureがMicrosoft Azureに名称変更したりと名称変更が相次いでますが、我々日本人としては、日本でのサービスインが待ち遠しいところですね。
 
一方で、じゃあiPadでどれだけOfficeを編集するのだろうか、ということも考慮しなくてはなりませんね。実は、僕がiPadでOfficeを編集するのは、PowerPointの日付変更など少しの変更と、Excelの文字を少し打ち替える、といった程度。ここで一から資料を作るということはしません。僕自身は比較的iPadをよく使う方だと思いますが、そんな僕でもその程度。そう考えると、もっと割りきった使い方も考えられるように思います。
 
<セミナー>
4月10日(木)に、六本木ヒルズでApple Consultants Networkセミナーを開催します。題して「バーコード、Passbookから広がる iOS 導入事例」です。Passbookも、ほんの5年前まではなかった技術でありサービス。僕がご紹介するクラウドサービスも、少し前までは誰も考えもしなかったものです。ぜひ、ご来場ください。お申し込みはこちらからどうぞ

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する