オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

【新しい働き方27】「サービス」に投資をすることで日本は良くなる

»

20140309_94703

平日は自宅で食事をして、週末になると外食をする、という人もいらっしゃるでしょうし、平日はどうしても外食が多くなる、という方もいらっしゃいます。僕は後者なのですが、先日とある居酒屋さんに行った際に同席されていたみなさんとの会話から。
 
居酒屋さんに限らず、飲食店に行くととても気持ちいいスタッフの方がいらっしゃるときがあります。挨拶はもちろん、適切なタイミングでオーダーを聞いてくれ、上手なタイミングで食事を運んできてくれる。会話も楽しいし、かといって決して媚びを売ることなく接してくれる。中には、自社に引き抜きたくなるくらいの人もいらっしゃいます。
 
一方で、飲食店の給与はさほど高くないと言われています。僕が嫌いな言葉ですが、ブラック企業などと呼ばれるのも、飲食店が多いそうです。価格競争になりやすい業界なのでしょうが、それには「サービス」を軽視する文化があることも否めないと考えています。
 
本来の「Service」には、「奉仕」「提供」という意味もありますが「役に立つ」「有用」という意味もあって、僕たちが生活している社会では、サービス業なしに成立しないのも事実です。
 
欧米には「チップを支払う」という習慣があって、いいサービスには多くのチップ、気に入らないチップには少なく、という選択がありますが、日本ではそれに相当する「心付け」というものがありますが、旅館や料亭など一部でしか使われず、あまり一般的ではありません。居酒屋さんでチップを支払う人など、ほぼいないでしょう。
 
しかし、同じものを食べられるお店、あるいは同じものを買えるお店なのに、サービスレベルが高いから、いいサービスが得られるからそこに行って食べる、あるいは買う、ということがあるのも事実です。家電量販店で買えるけれど、わざわざアップルストアに行く、というのもそういうことでしょう。物価が日本よりはるかに安い中国でも、アップルストアやキャノン直販店(主にカメラを販売)が人気なのも、サービスが決してよくないお店が多い中国の中で、より良いサービスを求める人たちがいる、という事実に他なりません。
 
飲食店や小売店のみならず、ホテル、コンタクトセンター、メンテナンスなどなど、「サービス」に対して「正しい評価」をし(提供側も努力が必要ですね)、いいサービスを無闇に値切らず、あるいは無闇に安いお店ばかり探さず、それにより気持ちのいい状況を作り出し、またスムーズに業務が進むようにする。結果的に「お得」になれることが多いように思います。
 
かくいう自分も、いいサービスを受けるに値する人間であり、またいいサービスを提供する人間でありたいと思う今日この頃です。

Comment(2)

コメント

石松

石松と申します。
確かに日本人はサービスに対して「正しい評価」若しくはそのサービスに対しての価値、つまり「お金」に対して、無知だと思います。
昔から日本の色んな店屋・ホテル・飲食店等のサービスは素晴らしいものです。
でもそれが日本人にしてみれば当たり前の事になってしまってその価値に対しての対価、お金、チップを払うなんて考えないでしょう。
例えばアメリカに旅行してレストランで食べて領収証にTipとかGratuityとかで15%から20%の料金を上乗せされた事がある人は多いと思います。

(私は日本からアメリカに移り住んで実際には28年位(まあ色々あって20年位と言う事が多いのですけど気にしないでください)、アメリカのレストランでの事で多くの人が知っていることですけど、日本人はサービスが良いとか悪いとか関係なくチップの払いが悪いのです。
私は長い間知り合いのレストランで働いていました。
今少し日本の旅行に関するアメリカのレストランのチップの割合を調べてたら未だに10%から15%なんてのもいくつもありました。それを書いた日が分からないし。)

アメリカのレストランで客が日本人だと分かってその人達が旅行者と分かると15%から20%のGratuityを入れる店があります。特に日本料理屋。
勿論日本人だけではなくある他の国民もですけど。
それについて私は否定はしません。
多くの州は一般的な最低賃金の他にチップを元に稼いている人達(tipped workers)の最低賃金が他にあるのです。
例えば私の住んでいるテキサス州の最低賃金は$7.25ですけどtipped workersの最低賃金は$2.13です。
時給220円ですよ。これで生きている人達は必死にサービスしています。サービスがお金なのです。
まあ多くの州はtipped workersの最低賃金は5ドル前後のですけど。
特別にtipped workersの特最低賃金を設定してない州もありますけど。
素晴らしいサービスをしていただける人達はそんな「お金」なんか感じないくらい親身になってくれる「プロ」です。
勿論とんでもなくサービスも何も無い酷い「サービス」をしくれる人達「アマ」もいます。
その類の「サービス」がアメリカ人としては昔から身についているのです。

何が言いたいかというと、アメリカではサービスはお金なのです。サービスは無料奉仕のボランティアではないのです。
これは飲食業だけでなく全てのサービス業に関します。
コンピュータの世界にでもある程度その精神はアメリカではあるかもと思いつつ、もしかしたらtipped workersの特別賃金を設定しているアメリカの州は、何処よりも一番サービスを軽んじているかもしれないとも思っています。
とにかく言えるのはお金が貰える位の良いサービスであるように、なのです。

私は日本がチップ制すればいいとは思いません。
日本には日本なりの新しいサービスを少しずつ作り上げばいいだけと思います。
またまた、文が読みづらい長文になってしましました。
ごめんなさい。

>石松さん
ありがとうございます!そのとおりだと思います。サービス=無料、なんて誰が始めたのか知りませんが、大いなる間違いですよね。

コメントを投稿する