オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

BYODですか?意外とお金がかかりますけど・・

»

昨日のITproに、NTTデータさんがBYODを開始した、ということが掲載されていました。

NTTデータがスマホの私用・業務モード自動切り替え技術開発しBYOD導入、アプリ無償配信も(ITpro)

「自動モード切り替え技術」は、スマートデバイスの物理的な位置(GPS情報や検知した接続している無線LAN)、時間帯、ログインしたユーザー、社内ネットワークなど指定したネットワークとの接続の有無によって、業務モードや私用モードなどを自動切り替えする技術。モードにより、ホーム画面を自動的に切り替え、カメラや無線LANなどのデバイスやアプリケーションの利用を許可したり禁止したりすることができる。

逆に考えると、ここまでやらないとNTTデータ社としてのBYODは許可できない、ということになるのでしょうね。部署によっては、多くの社外秘情報を持っているのでしょうし。

 
どこが発祥の情報かは分かりませんが、「BYOD=コスト削減」という印象が一人歩きしていることがあるようです。たしかに、会社から社員に端末を貸与するのではなく、社員の端末を業務活用するので、一見安くなるように思えるのかも知れません。
 
しかし、上記ニュースのように、「その会社で何を、どのようにするのか」によっては、かなり多額の費用がかかることがあるのですよね。社内システムを使うための開発であり、VPNの準備とか、アクセス権限を付与するための仕組み、シングルサインオンなどなど。メールとブラウザだけでいい、と言っても、その会社のメール内容次第では、セキュアにやり取りしなくてはならなかったり。
 
このニュースを見る限りでは、Androidだけ認めるように読めるので、これがiOS、WindowsPhoneすべてを認める、となると、もっと大変なことは容易に想像できますね。
 
BYODも、どこかで割り切らないことには、どこまでも費用がかかってしまいます。どこに集中し、どこを割り切るのか、を考える必要がありますね。
Comment(2)

コメント

あじむら

シンクライアントの時も同じ流れがありましたね。

セキュリティを担保するということはそこにコストがかかるはずなのに、なぜか安くなると思っている人がいる、と。

コスト削減と言わないと稟議とおりにくいんでしょうね…

ardbeg32

某経済新聞などはBYODにあらずんば人にあらずの勢いで記事を載せてますがw
それもセキュリティに気を使い過ぎの情シス部門を揶揄する記事も載せていたような。
スマホで業務改善できるかもというのは理解できるのですが、BYODでなければイカンという論調はどうにも理解し難いです。
Web会議みたいに端末側に何もデータが残らないし、特別にインフラを整えなくても良いような利用形態ならともかく、ちょっと何か業務をしようものならそれなりにお金がかかるのは自明のことだと思うのですが。
なので、BYOD万歳な人たちってどういう行動論理なのかをぜひ知りたいところです。
単に私物が使えて会社携帯と2台持ちしなくて嬉しいね程度の発想ならGTHです。

コメントを投稿する