オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

ブログのコメントがどこにあるのか分からない、からこその責任感

»

 タイトルだけ見ると「下の方にあるよ。知らないの?」と言われてしまいそうですが、このブログ内のコメントの話ではないんです。

 このブログは、BLOGOSというブログ型ニュースポータルサイトに提供されています。提供とは言っても、宣伝めいたものは省かれるでしょうし、BLOGOS側が興味を持ったものだけを掲載いただくことになるので、どのエントリーが掲載されて、どれはされていないのか、は把握しようがありません。
 しかし、そちらにもコメントをいただいていることがあるので、時々見るようにしていたのですが、最近はあまり見る時間をとれず、気づくとたくさんのコメントをいただいて、その中で議論になっているケースもありました。BLOGOS読者の皆さんは、活発な意見を出されているので、それはそれで素敵だと思っています。

 しかし、ネット上のコメントは、本ブログのコメント欄とBLOGOSだけではありませんよね。このブログのツイートボタンの先にコメントをいただいているケースもありますし、Facebook上にいただいているケースもあります。BLOGOSのツイートボタンというのもあります。あるいは、ご自身のブログに引用されているケースもあります。こうなると、トラックバックしていただいていれば気付きますが、そうでないと全く分からないんですよね。

 つまり、自分が一度書いた文章は、いつどこで引用されているかは分かりませんし、そのことを探しだすこともできない可能性が高いのですよね。それだけ、自分の書いた文章に責任が生ずるのかな、なんて感じることがあります。

 僕自身、経営者としてはまだまだ新参者ですし、日々あれこれと反省する毎日です。同様に、自分が正しいと思って書いていても、あとからご指摘を受けて知ることができたり、これまた反省することも多々あるわけです。

 僕は、そういうご指摘やご意見をいただけることが、ブログを書くモチベーションになっているところがあります。いくら読んでいただいていても、反論も何もいただけないのだとすると、このブログを書いていくモチベーションにならないと思うのですよね。

 自分が一度書いた文章は、何がどうあろうと責任を持つ。間違っていたのであれば、責任をもって訂正する。そういうことが、今までよりも必要なんだろうな、と感じる今日この頃です。

Comment(0)