オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

今さらながら、名刺をEvernoteに取り込んでみた

»

 名刺管理はずっとiPhotoのアルバム機能を使ってきたのですが、いかんせん中身の検索ができません。さらに「あかさたな」で管理してきたのですが、あ行だけでも1,000枚近くあって探すのが大変。実質、外で何か連絡をしようとしても、メールを探すほうが早かったり。

 前々からEvernoteで名刺を管理するのがいい、とは聞いていたのですが、なかなかその時間が取れず。で、ちょっとアポイントが変更になって3時間ほど空いたので、やってみました。参考にさせていただいたのは、こちらのブログ。

 

EvernoteとScansnapを使った超便利な名刺管理法!その方法を具体的に解説します

 とても丁寧に書いてくださっているので、このとおりにやるだけでOKです。ただ、1つだけハマりました。僕のScanSnapはS1500Mなのですが、購入して2年くらいになるので、ソフトウェアが古いんですね。で、ScanSnapのサイトから「ScanSnap Manager (Mac専用) クラウド連携、モバイル連携対応アップデート(V3.2L41)」をダウンロードし、アップデートしました。これがないと、アプリケーションでEvernoteを選択できません。アップデートしてみたところ、少し画面は違いましたが、無事Evernoteを選択できるようになりました。
 で、スキャン開始。文字検索できるようにPDFにして、両面読み込みにして取り込んでいるにも関わらず、S1500Mは高速で読み込んでくれます。前機種のS1200Mは読み込み速度が遅いですが、それでも時間のあるときにやれば、気にならないとは思います。
 ということで、空き時間に300枚程度読み込みました。で、検索してみると、いいですねえ!社名でも、名前でも、サクサク検索してくれます。iPadやiPhoneからもOKなので、外でいきなり連絡しようと思い立っても問題ないですね。

 名刺なんかなくなるといい、という意見もあるのですが(笑)、まあ、そんなことを言ってもすぐに無くなる話ではないですし、かといって名刺フォルダを持ち歩く気にもなれません。人それぞれに管理おられると思いますが、こういう方法もありますよ、ということで。

Comment(0)