オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

Kindle Fire登場で、iPadの価格は?

»

 Amazon Fireが登場して、価格ばかりが取り沙汰されています。たしかに199ドル(現在の日本円で約15,300円)というのはインパクトがありますしね。
 もちろん、Amazon Fireはそれ以外にも、Silkと呼ばれるクラウド利用ブラウザを搭載し、低スペックでもキレイに見せることができたり、無料のオンラインストレージがあったりと、話題性のあるサービスではあると思いますが、なにせ価格が衝撃的なので、どうしても低価格のAmazon Fireとして取り上げられるのでしょうね。

 すでにいくつか発売されているAndroidOSを搭載した端末は、仮に「うちの端末は電子ブックリーダーではない」と言ったとしても、同じOSを搭載した端末としては比較対象になるのだと思います。

 では、一方でiPadはどうなんでしょうね。同じ土俵に・・・、まぁ多少の比較対象にはなるのでしょうが、特にビジネス活用されているiPadがAmazon Fireと比較されることはないように感じています。比較しても、違うものとして扱われるのでしょうね。

 iPadが普及し、Windows8に期待が集まる中、Amazon Fireを含むAndroidタブレット端末は、どうなっていくんでしょうね。価格競争?もう少し、違うレイヤーで競えるといいのですけどね。

Comment(2)

コメント

石松

石松と申します。
私も大木さんに同意します。
iPadはiPadでKindle FireはKindle Fireです。
ここまで低額を付けられるのはここの櫻吉さんが言われるようにKindleは「自社コンテンツ消費端末」だからですから。任天堂やプレイステーションやXboxみたいに。
それに来年はもっと安くなります。
iPadのことを楽器だとかゲーム機だとかビジネスプレゼンテーション機だとか自信を持って言う人はいますが、Kindle Fireではそれは無いでしょう。Kindle Fireは良くも悪くもKindleですから。だから良いのです。
だから私はiPadを持っていますが、私のKindleの為にKindle Fireを買います。
いつも私のコメントは変な日本語ですが、私の言いたい事、分かってもらえますか?

>石松さん
はい、分かります。
KindleはKindleであり、電子ブックリーダーなのですから、そこと比較してもしょうがないですもんね。
ただ、今後益々Androidのカスタマイズが激しくなるかもしれませんね。

コメントを投稿する