オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

Think Differentは、言うは易く行うは難し

»

 今週の朝カフェ次世代研究会は、柳下さんの「Think Different」がテーマでした。Think Differentは、アップルが再生期に打ち出したテーマだというのは皆さんもご存じの通り。

 アップルはThink Differentを打ち出した後、初代iMac、そしてiPodというヒット商品を生み出しました。その陰で、たくさんあったシリーズがひっそりと消えていったわけです。あの頃は、何がどういう機能があって、なんて分かりづらかったですからね。
 
 企業の中で「考え方を変えろ」というのは簡単だと思います。しかし、じゃあ「考え方を変えるって、具体的にどうすれば?」と聞かれると答えに窮するのではないでしょうか。すごく難しいと思いますね。
 
 朝カフェでも、その答えを柳下さんに求める方がいたように思いますが、それはお門違い。自分で考えないといけないわけですよね。だって、自社のことだし。
 
 僕たちは、ついつい過去にとらわれがちです。その過去が長ければ長いほど、その過去で大きな失敗もなく、むしろ成功していればいるほど、過去にとらわれてしまいます。そして、考え方、取り組み方を変えるなんて、怖くてできないんですよね。
 
 景気低迷と言われて久しいですが、「じゃあ、今のままでいいのか?」と自分に問いかけるしかないんだと思います。本当にお客さんのことを考えているのか。これをやることで、本当にお客さんに役立つのか、など、考えるべきポイントはいっぱいあるはずなんですが、思考停止状態になってしまったり、自社の利益を並行して考えるあまりに、結局たいした提案もでないまま、なんて話はよく聞きます。
 
 現在ソフトバンクでは、ソフトバンクアカデミアを開催して、次世代経営者の育成をやっていますが、こういう人たちを期待しているのでしょうね。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する