オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

選挙に見る、ネットを怖がる人たち

»

 今年の夏の選挙では、ようやくネットでの選挙活動が認められるような雰囲気。と思いきや、ブログは良いけどTwitterはダメとか?Twitterはなりすましができる、というのが理由だそうですが、ブログは出来ないのか、という疑問に行き当たります。
 まぁ確かに、管理されたサイトに、郵送かなにかで届けられたID・パスワードで入るようにすれば、なりすましの確立は減りますけどね。

 僕らが疑問に感じるのは、そもそもネットというものは、そういう風に使うモノなのかということでしょうね。せっかく双方向でコミュニケーションをとることが出来るものなのに、片方向ならOKとしてしまうところ。

 これって、選挙だけの話ではないように思います。普段ネットに接していない人、あるいはネットといってもニュースを見たり、ネット通販を利用する程度の人と、ブログやTwitterで双方向コミュニケーションを活発に利用している人とでは、全然感じ方も違いますし、情報量も違う。だから、考え方も、とらえ方も違うわけです。

 先日、ある人が「最近、ソフトバンクの孫さんって見ないよね」と仰有いました。僕からすれば「はぁ〜?」なのですが、その方の言葉を意訳すると「最近、テレビで見ないよね」ということなのだと思います。
 一時は、いろいろな意味で(ニュースで)テレビに出ていた孫さんが、最近は見ないな、ということなのですよね。

 しかし、普段からTwitterを活用している孫さんを知っている僕たちは、もうこれは積極的に活動しているわけです。Ustreamで5時間も対談しているわけですし。昨日も、リアルタイムで商品発表会を見ていた人も多いことでしょう。

 以前、あるネットを活用した教育機関にいる人が「ブロガーって怖いよね」と言っていたことがありました。彼曰く「ブロガーは、2ちゃんねるユーザーみたいで怖い」ということなのです。
 これを否定するのは簡単ですが、理解できない人に頭から否定しても意味のないことですよね。怖いものは怖いのですから。

 これは、ITエンジニア(SEやプログラマとも呼んだりしますね)にも言えることです。ネットサービスを活用しているITエンジニアばかりではありません。むしろ、ネットサービスは、うちの奥さん程度しか利用していない人って多いんですよね。
 ブログを書いたこともないし、Twitterも利用していない。ネットは(芸能なども含めて)ニュースを見る程度。あとは、技術情報を探すとか。(こっちが多いのかも)

 普段からネットを活用している僕たちと、そうではない人とで感じ方が違うのは当然といえば当然。でも、これだけ利用者も増え、情報も溢れているのですから、活用する方がいいんじゃない、と思ったりします。
 ネットを怖がる人たちに、どうしたら理解してもらえるんだろう、と考えている今日この頃です。

Comment(8)

コメント

ひろ

正直、私も「ブロガーは怖い」という感覚がわかります。
人のブログのコメント欄でこんなことを言うのもアレですが、ブログというのはその人の個人の中だけで完結している世界なので、やたらと独りよがりなものが多いです。「ブログの中で演じている(表現している)人格」と「実社会の一員としての、その人の人格」というのが乖離している例を、私は少なからず知っています。もちろん、これは一個人のブログの話ですが。

一般論として、ネットがこれだけ普及している現在、選挙でのネットを制限するのは現実的ではないでしょうし、適切な活用法を考えていく必要はあるでしょう。

それでもやっぱり私は個人的にはネットは怖いです。極端に言えば、ネット上の「真っ当な」コミュニケーションなどあり得ないとも考えています。

sis

私は大木さん同様のネットとの接し方なので、ブロガーが怖い、なんてことは全然ないですが、
ひろさんのおっしゃる、ブログと現実とのギャップは理解できます。
でも、そこで思うのは、実はブログのほうが本心で、実社会のほうこそ自分を偽って生きてるのではないかと。現実社会で目立った主張すると目をつけられることをみんな知ってますからね。
それをブログで発散してるのかもしれません。

まっとうなコミュニケーションが成立しないことも多々ありますが、そういう場合でも一部の人間が問題を起こすだけで、まわりは冷静に議論できてることは多いですよ。その一部の人間のことをいちいち気にしてるとネットはやっていけません。「スルー力(するーりょく)」というのが重要になります。情報の取捨選択ですね。ネットに慣れていない人は、この情報の取捨選択ができなくて、すべてを真に受けてしまうから精神がまいってしまうのかも。まぁ、ひどい・理不尽な書き込みも確かにありますしね。

書き手によりますが、私は現実でペラペラしゃべるより、内容を吟味して言葉を選べるブログのほうが好きだったりしますね。

>ひろさん

> 「ブログの中で演じている(表現している)人格」と「実社会の一員としての、その人の人格」
> というのが乖離している例を、私は少なからず知っています。

これは正直、驚きました。
ブログをきちんと読んで、少なからずブロガーをご存じであるからこそ、お分かりなんでしょうね。
すみません、僕は食わず嫌い的なものだけを考えていました。

ただ、個人的に、

> 極端に言えば、ネット上の「真っ当な」コミュニケーションなどあり得ないとも考えています。

ここだけは反対の意見です。
真っ当なコミュニケーションもあれば、そうではない(こっちが多いのかな・・)コミュニケーションもある、というように考えております。

ひろさんとは、どこかでお話ししたいなぁ、なんて考えています。(^^;
今後とも、よろしくお願いいたします。

>sisさん

> 実はブログのほうが本心で、実社会のほうこそ自分を偽って生きてるのではないかと。

おお!深い!
それはそれで、あり得ない話ではないですね。うーん。

よく、自動車のハンドルや、拳銃を持つと人が変わる、という比喩がありますが、ネットの場合には逆転する人がいるかも知れない、ということですね。
それはそれで、あり得るかも。
個人的には、ちょっとさびしく感じる話でもありますが。

ひろ

「真っ当なコミュニケーション」がないわけでもないけど、非常に数は少ない(確率は低い)のかなぁと思います。少なくとも、私は“電子会議”というたぐいのもので結果が出た例を見たことがありません。決まるのは飲み会の日程くらいなモノじゃなかろうか。あまり投資効率の低い方法に注力するのは、無駄のようにも思えます。
私は20年前にパソコン通信を始め、PC-VANから送られてきたマニュアルを読みながら「なるほど、これが時間と場所を越えて自由に繋がる“電子会議”か。ふむふむ、“電子メール”なら一瞬で無料で届くよな。こりゃ凄いや。これが一般化すれば社会のあり方が変わるぞ」とワクワクしたのを今でも思い出します。パソコン通信からはじまって、ホームページを作り、ブログをやり、いつの間にか社内でもOA化の旗振り役みたいな感じになっていました。それが、今や猫も杓子もメールを使う時代になり、社内の隣の席から無言でメールが飛んでくるホリエモンの笑い話が現実のものとなりつつあります。こうなると、天の邪鬼の私は「ここまでメールが幅をきかせる時代で、人から抜きんでるためには、やっぱ別の方法を考えたほうがいいのかな」と思い、ファックスや面談、電話といった方法にコミュニケーションの重点を置いています。少なくとも社内の相手にメールは送りません(頼まれれば別ですが)1日数百通のメールを処理するオフィスが少なくないという今、わざわざメール一本で用件を済ませて、他人のメールボックスの隅っこに埋もれてしまうのは、効果的ではないですよね。
最近の社内の私は「何でもかんでも電子化」にストップをかける役割に転換しています。

私は一般の人がパソコンなんて使わなくても十分人間は幸せになれると思うんです。そういう社会を作り上げていくべきだと思うんです。
私の親世代は、正直パソコンには疎いのですが、一応は今どきの家庭だからパソコンはあります。そして「メールソフトの使い方」とか「ネットショッピングで本を買う方法」などについて聞かれます。「手紙を書いて切手を貼ってポストに投函すれば相手に届くよ」「近くの◎◎書店で店員さんに頼んでおけば、数日後には取り寄せてくれるよ」と答えると、そのたびに私は「ふざけるな」と怒られます。でも、正直なところそのほうが確実なんですよね。メールサーバーから理解不能なエラーメッセージが返ってきて悩まされることもないですし。

私は今でも個人的にはMacも使うし、iPhoneも使います。ツイッターも一応やっています。でも、ネットワーク通信の発達で人は便利にはなったけど、幸せにはなってないんじゃないかなぁ…と、何となく感じます。

私は大木さんのブログを見るたびに共感するところ大ですので、ときどきコメントを書かせていただいております。不愉快な点もあろうかと思いますが、悪気はまったくありませんので、今後ともよろしくお願いします。

>ひろさん
すみません、このコメントがスパムフォルダにひっかかっていました。
いま気付いたので、公開させていただきました。

> ネットワーク通信の発達で人は便利にはなったけど、幸せにはなってないんじゃないかなぁ

ここは、賛成でもあり、異論もあります。
賛成と思うところは、携帯電話もそうですが、ONとOFFが明確に切り分けられなくなったことです。だから、何かいつも追われている感がありますよね。平日に有給休暇をとっても電話はかかってくる。仮に電話対応が一時間かかったとしても、それは業務として確認しづらいですし。
異論は、やはりコミュニケーションは存在しています。
僕は現在でも、上海オフィスのメンバーとのディスカッションはオンラインでやっています。Skypeがメインですが、議論は白熱しますし、コミュニケーションも成立しています。ただ、定期的に直接会って話し合うことができるからこそ、ですが。逆にいうと、オンラインのみ、はなかなか難しいですね。ここが、ひろさんが仰有っていることかも知れませんね。

ひろさんのコメントを不愉快に感じたことはありません。僕が書いているのは所詮ブログですし、賛成意見ばかりでは不安になります。(笑
今後とも、よろしくお願いいたします。

ひろ

「ネットワーク上でのコミュニケーションは存在するか?」というのは、考えてみたら「男女間の友情は存在するか?」というのに近い質問かもしれませんねぇ。人によって答えは全然違うものなのでしょう。オンラインのみというのは難しいというのは全く同意です。
私はiPad3Gを購入したら、頃合いを見計らってiPhoneを解約しようかとも真剣に考えています。やっぱ「携帯電話」というモノ(というか、文化)は、私は嫌いです。

>ひろさん
なるほど、そうとらえている方がいらっしゃることを初めて認識しました。
おもしろい視点です。
今後とも、よろしくお願いいたします。

コメントを投稿する