オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

Twitterを見ないと仕事にならない件

»

 若干極端なタイトルですが、本当のことでもあるんです。
 最近、Twitter経由で仕事のお話やご相談を受けることが増えてきました。あるいは、アポイントの件など。Twittetを見ていない日はありません。というか、Twitterを見る理由ができたのかも知れませんが。(笑

 冗談はさておき、Twitterを使うことが文化になってきていると同時に、Twitterをビジネスの連絡に使うことが増えてきている気がします。今朝聴いていたポッドキャスト、AppleClipでは、ジャーナリストの津田大介さん(@tsuda)が、Twitter経由で出演依頼を受けたという話をされていました。声をかけたのは、クリエイターの佐藤豊彦さん(@SatoRichman)。
 もちろん、津田さんに「Twitter社会論」の話をしてもらうことが目的だったから、とも言えますが、連絡がシンプルなんですよね。140文字という制限があるせいもあって、メールのように前振り云々よりもストレートに書いてしまえる。受け取ったほうも、それを見て「失礼な書き方だ」なんて思わないわけです。いや、仕事でTwitterを使っているうちに、140文字で丁寧に書き込むスキルが高められるのかも。

 Twitterユーザー全てが同じことをやっているとは思いませんし、リテラシー、マナーにもいろいろあるのだろうとは思いますが、使い方次第ではまだまだポテンシャルを感じるものだなぁ、と感じている今日この頃です。
 
 大木のTwitterID:@kumaboo

Comment(2)

コメント

140文字で思いをきちんと伝える文章講座とか出てきそうですね

>Tanikawaさん
たしかに、そういう講座ができたら受けそうです。(^^;

コメントを投稿する