オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

電子書籍という名前が良くないのかなぁ

»

 電子書籍という言葉が登場したのは1990年頃だそうです。(Wikipedia
 当時は、本を電子端末で読むということが目的だったわけですから、その名前で良かったんですよね。しかし、ブロードバンドが普及し、動画も難なく見ることができ、音声も軽く配信できるようになった現代において、電子書籍って言葉が勘違いを招くのかなぁ、と。だから、どの電子書籍リーダーが良いとか悪いとかいった議論に陥ってしまうのかも。
 方波見さんがモバイル端末について「iPhone だ、Xperiaだ、Desireだ、という比較や論争は、意味がないような気がしてならない。」というエントリーを書かれていますが、全くその通りなんです。
 電子書籍リーダーとして、iPadが良いとか、kindleが良いというのも意味がない。それはあくまでも、紙の書籍をそのまま電子化した際に、どれが良いかと言っているだけで。(iPadは電子書籍リーダー専用端末ではありませんが)
 過去の紙の書籍を電子化することも必要かも知れませんが、電子書籍ってどういうもの?という議論に言ってもいいんじゃないか、と。

 ちなみに僕が考える電子書籍とは、あるページでは画面に動きがあり(iPad用の不思議の国のアリスがそうです)、次のページは文字だけなのだけれど、その場面にあったBGMが聞こえ、次のページは1分間のムービーになっているとか、そんな感じです。
 後ろ側ではいろいろな技術が動いているのだけれど、読者にとってはその画面を見続けることに違いはないわけです。

 先日興味深い話を聴きました。「Eメール」と呼んでいたのは数年前。今は「メール」という。だから「電子書籍」も近い将来には「書籍」になるだろう。なるほど、大局的にとらえるというのはこういうことだなぁ、と感心しました。
 未来を創り出すのが経営者の仕事なのだなぁ、と改めて反省した次第です。いや、反省だけなら猿でもやるっていうなぁ。僕も、がんばります!

Comment(4)

コメント

> 後ろ側ではいろいろな技術が動いているのだけれど、読者にとってはその画面を見続けることに違いはないわけです。

それってWWWそのもののような気がしました。
最終的にはWWWに帰ってくるのでしょう。

みず

電子書籍リーダーでしか閲覧できないのであれば、それは電子書籍となるか、もしくはkindleのような端末名から一般化していくのだと思います。
web漫画とケータイ漫画が似て異なるように。
しかし、PCなど汎用のハードで閲覧できる場合、ダウンロード元が多少違っても閲覧する形態が変わらなければ、ユーザー側は既存のWeb上で閲覧できる電子書籍に類似したものである「webなんとか」とか「ネットなんとか」と(少なくとも日本では)混同して呼ぶことになるだろうと思います。
混同されるのがイヤで「電子書籍」にこだわるのは出版社サイドかもしれません。

もしくは、ただの書影なのか、テキストだけなのか、音や動きなどの仕掛けを入れるのかで分類する方がなじむような気がします。
でも、基本が文字で絵がついて音が鳴るってノベルゲームですよね。
初代PSの頃にクリックまんがというゲームソフト形態のものがあったのも思い出しました。

>toyopikoさん
「技術」という表現が良くなかったかも知れません。「サービス」というべきでしたね。
僕のイメージは、ストリーミングとか、音楽配信とか、なんです。

>みずさん
たしかに、こだわっているのは出版社なのかも、ですね。
もちろん、出版社にもよるとは思いますが。

僕は、紙で言うと「飛び出す絵本」みたいなものをイメージしています。
もちろん、毎ページ飛び出すわけではないですが。

コメントを投稿する