オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

マーケティングを知らないマーケッターが多い件

»

 僕が高校生のとき、台湾に短期留学しました。それは、大学で使うことになる中国語のブラッシュアップのためです。
 父親の友人の家にホームステイし、台北の街中にも出かけました。その時の目印が、新生北路という通りにあるUCC珈琲店です。喫茶店なのですが、今で言う少しファミレスっぽいメニューもあり、中華料理に飽きたときには助かったんですよね。

 UCC珈琲のTwitterマーケティング(?)で、お詫び文が出ているとか。経緯を見ると、マーケティングじゃないですよね、たぶん。

 UCCさんの件はここまでにして、最近Twitterマーケティングと称するセミナーが頻繁に行なわれているようですし、Twitterコンサルティングみたいな事業を打ち出す会社も増えているようです。
 しかし、何かキーワードを探してクロールして、「ビンゴ!」とばかりにメッセージを送りつけるって、マーケティングじゃないですよね?マーケティングって、そういうことじゃないですよね。

 きちんとマーケティングされている方は、とても多いと思います。最近は、B2B、B2Cといったシンプルなマーケティングだけではなく、B2B2Cとか、B2B2Eといった複雑なマーケティングもあるせいか、マーケッターのスキルの差を感じることも少なくありません。

 それはそうですが、もう少しマーケティングを勉強する必要がある方も増えているように感じた今日この頃です。特にオンラインの場合。

Comment(2)

コメント

hosinity@gmail.com

台湾の話でいわれているUCCと、今回のtwitter事件の会社は別の会社だと思いますよ。よく調べてみてください。

ニセモノのマーケティングに騙されてしまったかもしれませんね。

>hosinity@gmail.comさん
1976年当時は、日本の会社が出していたと認識しています。
現在の話をされているのでしょうか?(苦笑

コメントを投稿する