オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

大きくてもMacBookを持ち歩ける理由

»
 

VAIO Pを買われた林さんがうらやましい・・・などと思う気持ちがあるものの(笑)、それでもMacBook AirのデータをMacBookに移行し、MacBook一台にしようと目論んでいる、今日この頃です。

 ソニー好きとしては、VAIO Pの登場は激しく気になります。あのサイズは良いですよね。その昔、ビクターのInterLinkを使っていた身としては、あの画面サイズがあれば問題ないかな、などとも思います。
 でも、MacBookが楽しいので、手が出ないんですよね、僕的には。MacBookのパフォーマンス、デザインを含め、Keynoteのビジュアルなんかも寄与しているのだと思います。(あ、iWork '09のレビューしてない・・・)

 世の中にはMacとWindows、Linuxがあり、僕の周りでも圧倒的にWindowsユーザーが多いのが実情です。でも、Macなんですよね。
 正直言って、重いです。今どき2kgを超すパソコンを持ち歩いてるってどうなんだ、とは思うのですが、プレゼンする機会が増えれば増えるほど、Macのバリューが高まる気がしています。

 iWork '09のレビューをしたら、またいろいろと書いてみたいと思う今日この頃です。

Comment(2)

コメント

レビューやマックネタ期待しています!

メインマシンを銀色のノートからMacBookに変えては見ましたが、やっぱり重い。
でもwindowsも動くし、いろいろ入ってるし……。
でも重い。
ということで、ミニPCに浮気してみたり、VAIOに興味を持ったりしていますが、やっぱりMacで何とかしたいと思っています。
いろいろなお話を見つつ、そうだそうだ!と思いつつ、私もこいつを持ち歩く術を身につけたいと思います。

>わかさん
コメントありがとうございます。
僕は割り切って、MacOSオンリーで使っています。Office2008は、やむなく入れていますが。

Macのビジュアル(外見&ソフトウェア)は、Winでは表現できないですよね。

コメントを投稿する