オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

ミニノートが、前年比1,400%も売れるわけ

»

 先日、有楽町のビックカメラに行ったら、ミニノートが所狭しと陳列されていました。Panasonicのように10万台後半のものもありますが、目立つのは4万円台〜7万円台くらいの商品です。
 触ってみましたが、多少キーボードが狭いと感じるものもあれば、十分なピッチを確保しているものもあります。XPにするか、VISTAにするかは意見の分かれるところかも知れません。

 いわゆるエンジニアの方が開発に使うとか、かなりのスペックを求めるようなオンラインゲームをやるといった場合は別にして、一般ピープルの僕たちが使うと言えば、ネットに接続して、メールのやり取り。あとはちょっとした資料作りくらいのものです。
 そう考えると、ミニノートのスペックは十分なのかも知れませんよね。多少不満があるとしても、費用対効果で考えればお釣りが来るのかな、なんて感じます。
 台湾製が首位を保っているのも、その辺りのニーズを上手につかんだのかも知れません。これなら、自宅にデスクトップがあっても、もう一台リビングで使うのに欲しいな、と言える程度の価格帯かも知れませんし。

 どんな時期においても、すごい企業はあるものですね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する