オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

「自殺予防」―重いテーマを職場で実践しやすくするために

»

こんにちは、しごとのみらいの竹内義晴です。

昨日は、ご依頼いただいた講演の打ち合わせ。

テーマは、「自殺予防」。

自殺予防……なんとなく、重いテーマだね。

労働者の現状について情報を調べたら、Wikipediaの「企業内カウンセラー」が一言でまとまっていました。引用します。

アメリカと同様に日本においても企業内カウンセラーの参画が進んでいる背景には、我が国の昨今の産業・労働分野におけるメンタルヘルス不調の深刻さがある[7]。例えば、1998年から年間30,000人を超え続けている自殺者のうち、生前労働者であった者は約9,000人に上り、その中ではうつ病などの「健康問題」の悩みを自殺の原因・動機とする者が第1位を占める現状となっていることに加え[8]、年齢別自殺者数では自殺者全体の約50%が、生前30代~50代のいわゆる働き盛りの世代にあった者と報告されている[8]

自殺予防……本当に大切です。だけど、繰り返しになりますが、なんとなく、重いテーマだね。

マザー・テレサは「反戦集会には行かないけど、平和集会には行くわ」と言ったそうですが、どこにテーマを置くかは、とても大切なんじゃないかと思っています。

これを自殺予防に置き換えると、「自殺をどう防ぐか」よりも、「より安心して、楽しく働ける職場を作るにはどうしたらいいか」となりますが、根っこは同じテーマでも、「楽しく~」のほうがいいのではないかと思っています。

その理由は2つあります。

  1. 自殺は結果である。結果にはそうなる原因がある
  2. 自殺にテーマをおくと、「生命を断つこと」に意識を向けることになる

1についてですが、自殺やうつを防ぐための関わり方を学ぶのも大事です(発見の仕方や傾聴の仕方など)。けれども、そもそも自殺やうつの背景には、「楽しく働けていない」があるはずです。

「自殺」「うつ」という言葉を耳にすることは増えたとはいえ、日常の中でそう触れるテーマではないので、その対応には「難しさ」や「恐れ」を抱きます。たとえば、「話を聞く」ということを扱うにしても、死を覚悟している人の話を聞ける人は少ないです。「自分の関わりで余計に悪くしたらどうしよう」とかいろいろ考えてしまって……怖いです。

一方、「安心して、楽しく働く職場をつくる」ことをテーマにするのなら、気持ち的にかなり楽です。「ちょっと声をかけてみようかな」という気になれます。同じ「話を聞く」でも関わるほうの気持ちの持ち方って大事。そうすれば職場で実践しやすいですからね。事態が重くなる前に話せる環境があることで、結果的には自殺予防になるのです。

2についてですが、「思考は現実化」するといいます。「何が望ましくないのか」よりも「何が望ましいか」ーー問題よりも解決ーーに意識を置いておきたいと思うのです。

講演では、現状は現状として、必要なことは必要なこととしてお伝えしつつ、けれども、意識的には「安心して、楽しく働く環境をつくる」お話をしたいなと思っています。そうすれば、結果的に自殺予防になるでしょう。

あなたは今日1日を楽しく過ごすために、何かできそうなことがありますか?

では、今日も仕事を楽しんでいきましょう!

Comment(2)

コメント

ardbeg32

「命は尊い」なんて説教されても、死ぬほど切羽詰まった人にはなんにも響かないですよね。
まあ日本人お得意の「根本を見ないでの対症療法」。

仰るとおり「楽しく働ける職場」について話し合うべきだと私も思いますが、会社の構造が人間を追い込むようなシステムになってる場合、話を聞くだけだと根本の解決にならず意味ないんですよね(話を聞いてもらえるだけでも気分は楽にはなると思いますが)。
残業を数百時間してたとか、仕事が終わっても終電過ぎてるので職場に泊まりこみだの過労死された方の現状を見るに、「死」を止めるためには会社構造に手を入れるような取り組みが必要かと考えています。

ardbeg32さん、コメントありがとうございます。

> 「死」を止めるためには会社構造に手を入れるような取り組みが必要かと考えています。
なるほど、そのような取り組みが必要なのですね。それがどうすれば実現できるかを話し合ってみるといいかもしれないですね。

コメントを投稿する