オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

コーチングが流行で終わらないで欲しい ― 日経新聞の記事を見て

»

こんにちは、竹内義晴です。

今朝、メールを見たら、以前講演会でお世話になった
メールマガジン「子どもが育つ“父親術”」の著者で、コーチの黒澤浩樹さんが
日経新聞の記事を送ってくださいました。

日経新聞によれば
ジョンソン&ジョンソンが、全経営層にコーチングを取り入れているのだとか。

先日のNHKクローズアップ現代といい、日経新聞といい
急にコーチングの話題が出てくるようになりましたね。

今日の日経新聞の記事には、米グーグルのエリック・シュミットの声が紹介されています。

「全ての人にコーチは必要」

私は、会社は経営者の意識・思考がそのまま会社に反映されると考えています。
今までのような「研修会社にお任せして、中間管理職に勉強させる」のではなく
経営者層自らが、自分で考え、周囲のとの関係性が良くしていくことのほうが
会社の業績への役割を果たすはずです。

そういう意味では、答えのない時代にエグゼクティブコーチングが果たす役割は
非常に大きいだろうと考えています。

その一方で、ここ数日、急にコーチングの話題が出てきたことで
少し不安になる点があります。

以下、列挙します。
 
 
■手段と目的が入れ替わってしまう

メディアで頻繁に目にするようになると
「そうか、コーチングがいいのか」というように思われる方も増えるでしょう。

「コーチをつけ(さえす)れば、きっとよくなるはずだ」
というような、経営者層の依存心を生んでしまうかもしれません。

コーチングは目的ではなく、ツールです。
コーチをつけることが目的ではなく、自分で考えることが目的です。
コーチングが業績を上げてくれるのではなく、経営者層が上げるのです。

コーチングが、まるで「答えのない時代を救うスーパーマン」
であるかのように伝わらなければいいな~と思っています。
 
 
■コーチングが誤解されて広まってしまう

多くの記事で「コーチングとは、『問い』である」と紹介されます。
これは、間違いではありません。
コーチが投げかける問いをきっかけに考えること……
それを言語化する過程で、さまざまな気づきが生まれたり
課題を解決する手段が生まれたりします。

ですから、「コーチング」=「質問」というイメージをお持ちの方も多いと思います。
実際、以前の私もそう思っていました。

でも、本来の意味のコーチングは、広義の「コミュニケーション手段」です。
コミュニケーション手段ですから、話を聞くことも、
不安を解消するように働きかけることも
励ますことも、望ましい方向へリードすることも、時には叱ることも
全部含めてコーチングであるはずです。

私の経験では、全部の会話を10とするならば、質問をする割合は1~2ぐらい。
コーチングは「問い」だけではないので
価値が正しく広まるといいな~と思っています。
 
 
■コーチングですべてが解決するわけではない

私自身、これまで何名かの方にコーチをお願いしてきました。

自分の気持ちを話せること
今まで、整理できていなかったことがまとまること
考えた末に、アイデアが生まれること

いろんなメリットがありました。

けれども、時には一言のアドバイスが有効なときもあるんですよね。

必要な情報をさりげなく提供してくれること……
コーチが抱いた気持ちをさりげなくフィードバックしてくれること……

「選択するのはあなたにありますよ」と示しながらも
優れたコーチはアドバイザーであり、コンサルタントでもあるのだと思います。

また、人は前向きなときもあれば、そうも行かないときも現実としてはあります。
優れたコーチは、カウンセラーでもあるのです。

問いだけが、問題を解決する手段ではありません。
すべての要素をひっくるめて、コーチングだと思います。
 

■□■

 
ビジネスの手法には、流行があります。
私も、コーチの一人なので、コーチングが広まることは
喜ばしいことなのかもしれません。

けれども、スキルや手段だけでは問題は解決しません。
実際、「コーチングは使えない」と言っているコンサルタントもいます。
ある意味、正解なのかもしれません。

だからこそ、単なる流行ではなく、単なる手段ではなく
経営者がリソースを最大限に活かせるようにサポートできるようでありたいし
一人ひとりの才能が花開するためにコーチングが伝わり
活かされればいいな~と願っています。

Comment(2)

コメント

ardbeg32

コーチングは使えないと言っているコンサルが、使えるコンサルをしてるとはとても思えないんですけどねw
コンサルが解決できるのは何かの課題なり業務目標に過ぎず、従業員の質の改善や人材開発じゃないんで、継続性も応用力もないんじゃないのですかね。

ardbeg32さん、いつもコメントありがとうございます。
「コーチングが使えない」と言っていたコンサルタントは著名な方で、質問の重要性は認識されていて、すべてのコーチが悪いわけではないとおっしゃっていました。一方、質問とは、相手の思考に対する強烈な介入なので、「安易なツール」として流布されていたことに警鐘を鳴らされていたように記憶しています。

コメントを投稿する