オルタナティブ・ブログ > 坂本史郎の【朝メール】より >

ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

チームワークを見くびるな Don't underestimate the power of teamwork

»

おはようございます。

本年もよろしくお願いいたします。

===ほぼ毎朝エッセー===

2019 has been a year to hire more people, improve systems, enlarge offices, and improve product features, etc., spent resources and money for mostly internal issues. 2020 is a year to harvest the results.

Then how can we be successful in doing so?

I watched several programs of NHK Special while the new year holidays. One of them that impressed mw was Honda's re-challenge to F1 racing. Here is a point that remained in my mind.

In 2015, Honda re-started its challenge to F1 by partnering with Maclaren. Two years was spent with Maclaren without any major success. Honda re-partnered with Red Bull and on its second year, they finally won 3 races out of 21 last year. Four years spent with two partners to gain the result.

What impressed me were, first, Maclaren and Honda people respected each other, but they hadn't been having lunch together whereas, Red Bull and Honda people mingled well together. Second, upon an issue dealing with a long shaft high rpm vibration issue, Honda engine leader asked for some advices from Honda's jet engine engineer and got to a solution.

Those indicate one thing. "Don't underestimate the power of teamwork."
If you can borrow some power from a person next to you, you can achieve your goals easier, using teamwork. And, I need to admit that our teamwork at e-Jan is not to where I wish it to be.

People tend to want to do things by themselves. They tend to think, it they were to do things by themselves, it would be faster and better. Thus, they tend to fail in trusting others that leads to the failure in achieving things using teamwork.

What pulls out successful teamwork is your capability of allowance to others. It is not looking down to what others can't do, but to have capacity of admitting others' capabilities that you don't have. You'd know those capabilities by regular chatting, not from their job resumes.

I would like to set our challenge in 2020 as "Overcome organizational barriers to achieve e-Jan teamwork!"

===========

2019年は、人の採用、制度の充実、オフィスの拡大、機能の拡充などどちらかというと、内側の整備にお金や労力を費やしました。2020年は、その成果をharvest(収穫)するときです。

では、それを成功させるのは何なのでしょう?

お正月に何げなく見ていた2019年に放映されたNHKスペシャル。その中で、ホンダのF1再挑戦の番組が印象に残りました。その番組の中でも特に印象に残ったことを1点。

2015年、ホンダがF1にエンジン供給を再開したときのパートナーがマクラーレンだったそうです。マクラーレンとは2年一緒にF1で闘ったもののいい成果が得られなかった。レッドブルとタッグを組みなおし、その2年目の昨年、ついに21戦中3戦で1位を獲得できたというものでした。4年かけて、ようやくたどり着いた。パートナーの選び直すらしています。

象徴的だと思ったのが、マクラーレンとホンダはお互いに敬意を払っていたものの、ランチなどでは、メンバーたちがそれぞれ別々に食べていたそうです。一方、レッドブルとは、逐一メンバーたちが融合していたと。

別な話では、ホンダのF1のエンジン開発部隊が、長尺シャフトの高回転による振動問題で悩んでいたときに、助けられたのが、同社の航空機エンジン部隊。彼らのアドバイスでトラブルが解消。社内の技術力に改めて感心させられたと。

これらが象徴しているのは一点。Don't underestimate the power of teamwork. です。すぐ隣にいる人の力を借りることに成功すれば、つまりチームワークで、目的達成は、より容易になるということだと共感しました。そして、そのチームワーク、必ずしもe-Janでうまくできていないと感じるところがあったのです。

人はなぜだか物事を自分でやりたがったりします。自分でやった方が早い、うまくできる。そのように思ったりしませんか?それがゆえに、他人のやることが信じられないという罠にはまります。そして、チームワークで物事を達成するということに失敗します。

チームワークを引き出すのは、ちょっとした心の許容性です。その人ができないことを見下すのではなく、その人ができて自分にないものを認めることから始まるのだと思います。そして、それは、普段の雑談などからわかってくるという性質を持っています。職務経歴書には現れません。

2020年のチャレンジは、「e-Jan的チームワークを、部署を超えて実現する」。ここに据えていきましょう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する