オルタナティブ・ブログ > 青葉哲郎のスマイル航海日誌 >

マーケティングコンサルティング会社「サイコス」CEOの大航海ブログ

【義援金300社まとめ】ソフトバンク孫社長100億円寄付で調べてみた。赤十字と中央共同で合計1,000億円、楽天三木谷社長10億円、ニトリ12億、台湾からは100億円超――東日本大震災、義援金ランキングと支援内容~その3

»

はじめに

東日本大震災で集まった義援金は日本赤十字社と中央共同募金会の両団体だけで合計1000億円超、人口が2000万人強の台湾からの義援金が100億を超え、海外からも支援が相次いでいる。私は、主に日本企業の義援金と支援内容を追加調査し、300社超をまとめてみた(初回ブログからは200社、2回目のブログから約100社を追加)。300社集めても網羅性の観点からは、多々足りないところがあると思う。それでも、企業のCSRや復興のための取り組みを再考する一助になればと思い、このブログを書いている。

義援金・物資支援企業300社をまとめたPDFのダウンロード
[第3版]東北関東大震災、義援金ランキング・物資支援企業一覧(2011.4.2現在 サイコス株式会社調べ)

孫社長100億円を筆頭に高額寄付が相次ぐ。ニトリ12億円、三木谷社長10億円、エバーグリーン10億、NTTグループ10億円・・・

前回調査と今回調査の違いとして、10億円以上の寄付が増えた。孫社長の100億円、ソフトバンクが企業として10億円、三木谷社長10億円、台湾のエバーグリーングループが10億円、ニトリが12億円、NTTグループが10億円の拠出を発表している。

ソフトバンクの孫社長が、個人資産から100億円の寄付を発表。加えて、引退までの報酬を震災で両親を亡くした孤児の支援として寄付を表明。すでに、被災者数万人に対して携帯電話の無償貸与を発表している。そして、100億円とは別に、ソフトバンクが10億円の寄付を表明している。合計すれば、義援金だけで110億円になる。復興支援のポータルも支援している。

楽天の三木谷浩史社長は、個人で10億円以上の義援金を寄付する。4月1日付けで朝日新聞(asahi.com)が報じた。楽天は3月14日に3億円を寄付すると表明しており、義援金総額は13億円以上になる。

ニトリは、似鳥昭雄社長が5億円、グループ企業7社とその従業員から5億円、海外の取引先約80社から2億円の義援金を寄付。布団や毛布、シーツなど6億円相当の支援物資も被災地に送っている。

企業の義援金のこうした流れは、ユニクロの柳井氏、ジャパネットたかたの高田氏、サントリー佐治社長に代表されるような、オーナー企業のスピーディでインパクトのある行動が、他の企業やオーナー経営者を大きく動かしたのではないかと思う。今更ながら、初期のタイミングで高額の支援を判断した企業や経営者は、流れを作る意味で、お金以上の価値ある動きだったと思う。

台湾のエバーグリーン10億円、鴻海精密工業5.5億、人口が2000万人強の台湾からの義援金が100億超に驚きと感謝

海外からの義援金拠出が増えている。台湾当局によると、4月1日までに台湾の義援金が100億円を突破した。中でも突出しているのは、エバーグリーングループ張栄発総裁で個人資産より10億円を拠出。加えて、鴻海精密工業が5.5億円(郭台銘・董事長個人の寄付と同社の寄付を合わせて2億台湾ドル(約5億5000万円)を寄付した。)米国の義援金総額も3月30日時点で約99億円に上っている。

今回の震災では、津波に関する映像がYoutubeなど情報が数多く共有されており、日本の危機に対して、海外からも多くの支援が集まっている。また、これまでの日本の海外支援の取組に対して、恩返しといった声も多く、これまでの日本の取組が深く感謝されていることが明らかになったと思う。

参考リンク:震災義援金100億円突破=支援桁外れ、親日ぶり示す-台湾

まとめ~復興のためには、継続した義援金や企業支援が必要。今後は、義援金の分配や復興ビジョンや復興方法に注目したい。

今回の調査期間は3月24日~4月2日まで。(よって、PDFにはソフトバンク孫社長100億分を追加できておりません)前回の調査から約100社を追加した。調査期間内で支援を発表した企業は、前回、前々回に比べて少なかった。義援金リストを見ても、3月中旬から下旬にかけて支援を表明する企業が多数だったことが分かる。今後、復興のためには、効果的な義援金の分配方法など、復興のために、やらなければならない課題は山積みだ。日本は歴史上、数多くの苦難を乗り越えてきている国だ。約350年前に江戸の大半を焼失した「明暦の大火」や、約90年前の「関東大震災」で後藤新平が行った大規模な復興計画についてなど、歴史から学ぶことが多々あると思う。

今後もこのリストを拡充していきたいと思っていますので、コメント欄に企業名と情報リソース(URL)を記載いただければ幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。


企業の義援金関連リンク

マーケティングコンサルティングのサイコス

ただ今サイコスでは、業容拡大のため幅広く人材を募集しています。
戦略コンサルタント/ROI改善コンサルタント/Web改善コンサルタント/SEMコンサルタント/ソーシャルメディアコンサルタント 他
サイコスの採用・転職・求人情報

マーケティングで毎日をもっと楽しく。Facebookページ開設しました。
I Love Marketing(アイ ラブ マーケティング)

マーケティングコンサルタント青葉哲郎 Twitter

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する