オルタナティブ・ブログ > 芝辻幹也のグダるブログ >

フラッシュマーケティングやソーシャルコマースに関して現場目線でグダります。

成長を続けるグルーポン(Groupon)にブラシナジャパン的ビジネスが加わるとさらにグルーポンが飛躍する!?

»

米グルーポンの世界進出が止まらない。

Groupon

2011年1月10日には米Andreessen Horowitzや米Kleiner Perkins Caufield & Byers(KPCB)などのベンチャー・キャピタルから総額9億5000万ドルの資金を調達し、2011年1月11日にはインド、イスラエル、南アフリカの3カ国でそれぞれ同業の企業を買収したと発表した。(参照1

グルーポンビジネスは立ち上がりが非常に早く、グルーポンジャパンの12月度の売上は10億円に達したという。(参照2
※キャンセル等は考慮してないのでこれよりも低くなる可能性もある。

日本では2011年1月15日から「ソーシャルネットワーク」が始まり、ますますFacebookの日本ユーザー数は伸びそうだ。グルーポンビジネスはソーシャルメディアとの相性がよく、特にFacebookとの相性がいい。
2010年3月とやや古いデータとなるが、米グルーポンのサイトへの流入のうち44%がFacebookから、8%がTwitterからというデータが出ている(参照3

Lstopreferringwebsitestogrouponcom0

おせち料理で叩かれている日本のグルーポンジャパンだが、米グルーポンのように顧客満足度を高めればよいと考えている。(参照4

Groupon Stores(Groupon2.0:店舗主導型グルーポン)により、肉弾戦のプッシュ型営業に加えプル型営業も加わった。

今やグルーポンは追い風状態であると私は考えている。

次は私が提唱しているGroupon3.0(ユーザー主導型グルーポン)か??

私はブラシナジャパンが展開するサービスがさらにグルーポンの成長を加速させるのではないかと考えている。

ブラシナジャパンが「日本の宝船」をコンセプトに2011年2月にサービスを開始する。(参照5
http://www.brasyna-japan.com/

Brasyna_japan

サービスの概要は、海外在住の外国人・日本人へ、made in Japanないしproduced in Japanの秀逸な日本製品・サービスをプレゼンテーションし販売するソーシャルコマースサイトだ。

ソーシャルコマースサイトと言っても、その事業スキームは今日本で話題のグルーポンと同じフラッシュマーケティングを活用した共同購入である。

さて、商品のラインナップだが、漫画や忍者など"クールジャパン"を意識するようなものになっている。

1)TRADITIONAL & CULTURAL
忍者アイテムや着物、和小物や日本文化に親しんだ生活雑貨など

2)TICKET on JAPAN
日本旅行を予定中の方へ、日本国内で利用できる魅力的なチケット

3)MANGA & CHARACTORS
人気漫画やキャラクターのグッズ・衣装など

4)ELECTRONICS
大人気のカメラやゲーム、キッチン家電など

5)FOOD & DRINK
日本で人気のお菓子やジュース、和食に関する商品など

6)APPAREL & COSMETICS
日本の人気ブランドの洋服や着けまつげ等の美容小物など


特徴として、
1)割引だけではないインセンティブ設計がしっかりしている
フラッシュマーケティングの定義をよく勘違いされている方(サイト)を見受けるが、消費者のインセンティブはグルーポンビジネスのような大幅な割引だけではなくて、特典(希少性が高いとかプレミアム感があるもの)である。(参照6
このブラシナジャパンは、単なる「安売り」で終わることの無いサービス提供するそうだ。

2)言語の壁を乗り越えたフォロー体制
言語翻訳者やオペレーティングスタッフを備えブラシナジャパン利用後の消費者へ向けたリピート販売を行うサービスを行う。


さて、このブラシナジャパンが展開する国と国とを跨ぐようなフラッシュマーケティングを考えた時、アメリカ国内、日本国内といった狭いマーケットではなく、世界全体をマーケットとして捉えることができる。

このブラシナジャパン的サービスをグルーポンが展開した場合、グルーポンをさらに加速させるのではないかと考えている。

インターネットオークション世界最大手の米eBayでは、世界のマーケットに対して個人が商品を出品することができる。eBayと比較するとブラシナジャパン的ビジネスは、オークションではなくグルーポンの共同購入型をとり、出品者が個人ではなく企業であるという見方ができる。

TechCrunchに『GrouponがeBayになれない理由』という記事があるが、『GrouponがeBayになれる』、むしろ超えるかもしれない。

お問い合わせはこちらへ
shibatsuji@sharecoto.co.jp

■参照元
1.Groupon、インド、イスラエル、南アの同業企業を買収
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110112/355987/
2.おせち騒動のグルーポン、12月売上は8割増の10億円
http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/yucasee-20110112-6166/1.htm
3.Do You Groupon?
http://blog.compete.com/2010/03/10/do-you-groupon/
4.Groupon隠れた成功の秘密は、Zapposと並ぶ超顧客満足にあった
http://blogs.itmedia.co.jp/saito/2010/08/grouponzappos-6.html
5.コンセプトは“日本の宝船 ”。海外向けソーシャルコマース
http://www.venturenow.jp/news/2011/01/13/1905_009474.html
6.フラッシュマーケティング=グルーポンビジネス(共同購入型クーポンビジネス)にあらず
http://blogs.itmedia.co.jp/mikiya/2010/12/post-f447.html

■ブラシナジャパン関連サイト
・Brasyna JAPAN
http://www.brasyna-japan.com/
・コーポレートサイト
http://www.brasyna.com/
・Facebookファンページ
http://on.fb.me/ftMtQC
・Twitter
http://twitter.com/brasyna_japan

 

 

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する