オルタナティブ・ブログ > 大塚秀樹の“マーケティングマインド”の醸成 >

技術で勝って、商売で負けていませんか?

年末はなぜ気忙しいのか?

»

shiwasu.jpg国民的な行事とも言える年末の忙しさも佳境に入ってきました。

もうすでに半分くらいの人たちが年賀状を書き終えたでしょうか。ちなみに私は真っ最中です。

それにしても我々国民にとって、なぜこんなに12月は忙しいのでしょうか?

英会話の外国人講師から先日こんなことを聞かれました。
「どうしてそんなに忙しいのか?君たちにとって12月は特別な月なのか?」といった具合にです。

確かに彼らにとっては12月は1年12ヵ月のうちの1ヵ月であり、他の月と比べてもそんなに特別に何かが違う、ということは無いのもしれません。

特に我々にとっての12月から1月にかけての過ごし方、意識の持って行き方はある種、非常に特殊なのかもしれません。

どうしてそうなのかを考えてみました。
先祖古来より、私たちは清々しいことを好んできたからかもしれません。
古いモノ・コトを一新して、全く新しい方面に操舵を向かせるよう、DNAが組込まれているのでしょう。

なぜかについて語るには困難を伴いますが、古来からの自然との戦い(台風や地震)の熾烈さが、心身ともにリフレッシュしたい、という欲求を生み出しているのだと考えています。


Comment(0)

コメント

コメントを投稿する