オルタナティブ・ブログ > プロジェクトマジック >

あるいはファシリテーションが得意なコンサルタントによるノウハウとか失敗とか教訓とか

「点をつなぐ」のに必要な力、あるいは企画や提案を思い付く力

»

先日、社内向けに提案・企画をテーマにしたトレーニングをやった。
その冒頭でIcebreakerとして
「提案と外科手術は似ている。類似点をなるべく沢山あげよ」
というブレインストーミングをやってみた。


20140421_

例えばこんな点が似ている。
・専門家がチームを組む。例えば麻酔は麻酔専門医。
・不完全な情報を元にした意思決定が迫られる
・準備は必要だが、腹を開けた瞬間に方針転換もあり得る

これをなぜトレーニングの肩慣らしにしたかというと、提案や企画をするためには、「アレとコレがこういう点で似ている」に気付く力がとてもとても大事だからだ。

よく「何事も経験が重要」と言われる。特に提案や企画などの、秘訣を言語化しにくい仕事では、本を読んだだけでうまくなれる人は稀だ。
だが、経験を積み重ねても、関連性を見つけ出す力(簡単に言えば応用力か?)が弱ければ、経験を次の仕事に活かすことができない。だから、とてもちょっとずつしか上達しない。


例えば、何かを企画している人に僕はよく「○○が参考になるから、昔の資料を見てみ」「△△プロジェクトが近いから、あの人の話を聞きな」とアドバイスする。が、後になって「参考になった?」と聞くと、結構な確率で「あ~、あれは☓☓なプロジェクトだったので、参考にならなかったです」と返ってくる。

例えばお客さんに提案する施策を練っている時なら、
「あのプロジェクト、システム寄り過ぎるんで参考にならないんですよ」
「あの会社は、商社ですよね」
「会社規模が違いすぎるので」
などなど、参考にならない理由は沢山ある。
が、そういうのは全て、類似点を探して応用する力が不足しているだけだ。

人生色々、会社も色々、プロジェクトも色々である。全く同じ条件のプロジェクトなんてある訳がない。相違点が100個あったとしても、もし「制度や会計基準を統合したプロジェクト」という類似点が1つだけあれば、参考になるはずだ。少なくとも何もないよりは。
 

「スティーブ・ジョブスがカリグラフィー(文字を綺麗に書く技術)を大学で学んだことが、後にマッキントッシュに多様なフォントを実装するきっかけになり、デジタルプリンティングで革命が起きた」

という話が好きな人は多い。だから多様な事を学びましょう。多様な経験が大事です、と。「connecting the dots 点をつなぐ」と呼ばれるエピソードだ。


でも、単に2つの事を学んだからイノベーションが起きたわけではない。スティーブ・ジョブズは「テクノロジーとリベラルアーツの交差点」を非常に強く意識していた。その交差点こそがイノベーションが起きる場所であり、自分の生きる道だと常に意識していたのだ。先の例ではもちろん、フォントがリベラルアーツ、コンピュータ工学がテクノロジーだろう。
点は勝手にはつながらない。常につなげようとしなければならない。




僕がブログを書き始めてから3年半ほどになる。本数でいうと150本くらい。
実はささやかな自分ルールがある。
「1記事に2つ以上のネタを込める」ということだ。

例えば今日のこの記事だと、
a)「外科手術と提案や企画は似ている」のIcebreakerをやった
b)スティーブジョブスの「天をつなげる」と「交差点」
c)ブログを書くときのポリシー
という3つのネタで構成されている。

もちろん、1つずつ、3本の記事にすることもできる。
そちらのほうが読みやすいし、更新頻度はずっと上がる(多分5倍位にはなる)。でも、それは僕の書きたい記事ではない。
なぜなら、僕にとってブログを書く楽しみと言うのは、バラバラなネタを1本の縦糸でつなげる喜びだからだ。

a)は2ヶ月前にトレーニング資料を作っている時に考えた。
b)は半年くらい前、ベストセラーになった彼の伝記を遅まきながら読んだ時に知った。
c)は3年くらい前に「そういえば、僕の目指すブログってこうかも」と気づいた。

3つはそれぞれ僕の記憶に放置され、「全て、つなげる力というテーマの話だな」と、ある日なんとなく結びつく。
(ちなみに今回は、自転車に乗っている時だった)


こうしてブログを書くためにいくつかのネタをつなげる訓練をすることは、一見関係のなさそうなことを結びつけ、ナイスな企画や提案を思いつく訓練になっていると思っている。

思いたい。

 

 

 

*************************************************************
「業務改革の教科書―成功率9割のプロが教える全ノウハウ」
*************************************************************

先週の水曜日、セミナーで講演しました。
「プロジェクトプランニング」というプロジェクトの立ち上げ方についての講演ですが、最初にこのテーマで話し始めたのはちょうど3年前。
かなり好評だったので、何度も同じテーマで再演しましたし、ニーズが高いことが確認できたので、本も出版もしました。
「業務改革の教科書」はこのセミナーをベースに、多くの事例や、時間がなくて入れられなかったエピソードをぎゅうぎゅう詰めた本です。ちょっとつまり過ぎているので、一気に読まなくても、その時直面している場面ごとに読んでもいいと思います。例えば改革の抵抗勢力にぶち当たって苦労している方は、抵抗勢力対策の章から。

前回で僕が講演を担当するのは最後。
これからは本を一緒に書いた榊巻をメインスピーカーに(彼のほうがプレゼンが旨い)、セミナー自体は続けていくことになると思います。
僕は他のテーマの講演を何か作ると思います。何にするかまだ決まってないけど。

Comment(3)

コメント

ardbeg32

セミナーのワーキングで黙ってしまう人も、それまで聞いた講義の内容を例題に応用できないという点で「類似性を手がかりに問題を解決する能力」がひどく低い人だと毎回感じます。
ワーキングでよくやるブレーンストーミングなんか、類似性を発見できない人はいつまでも付箋紙を持ってウロウロするばかりで、見ててヒステリーを起こしそうになります。

「ナレッジベースになってもいいから、やったことは資料化しとけ」って命令しても、どうせ将来発生する問題の役には立たないからと馬耳東風な奴と、超大変なトラブルが生じた時に藁をも掴む思いで過去資料を検索してなんとかかんとか解決した事がある人と・・・

と、ネタ(点)を仕込むために当ブログを閲覧しているんですと強弁するのはやり過ぎですよねw

shiro

こんばんは。

 ブログを書く事が「つなげる力」の訓練になっている、との事ですが
他人の「つなげる力」を促進する為に
意図的にやっている事は他にありますか?

 「つなげる力」という機能は、
(今のところ)コンピュータよりも人間が得意とされています。
私は「つなげる力」を促進させる為には何が効くか、
を最近、考えています。

 だいたい、「相談をする人」には
点はほとんど知っているけれど「結び方がわからない」人が多いと
思います。(顕著なのが、恋愛相談。)

コンサルに声をかけてくれるお客様で言えば、
問題意識があって、
自分の会社の仕事、業務を知っていて、
なんとなく方向は見えている方は、
「ほとんどの点は見えているけれど結び方がわからない」のだと思います。


 私は、
・「相手から見えている点と線」を理解する為に
 相手に憑依した視点から考える。
・違う思考回路で考える
の2点を心がけています。が、難しいです。
(幼稚な例で恐縮ですが「のび太の結婚前夜」で
 しずかちゃんパパが言った「in your shoes」の精神が
 他人を幸せに、問題を解決できると信じています。)

ardbeg32さん、shiroさん、こんにちは。

>他人の「つなげる力」を促進する為に
>意図的にやっている事は他にありますか?

ギクーっ。
自分の事に精一杯で、意図的にやれている事はありません。
(自社の社員であれ、一緒に仕事をしているお客さんであれ)
強いて言えば、
・自分がやっている事を「こういう事をやったよ」と説明する
(勘がいい人なら真似できるように・・。ardbeg32さんが書いている様に、
上手くいかない事が多いですが・・)
・筋の良い質問をする
の2つですかね。
筋の良い質問は、相手が2つ事を繋げる助けになると思いますね。

ドラえもんには、いくつか非常に印象的な回がありますが、「のび太の結婚前夜」もそうですよね。しずかちゃんパパの台詞は全く覚えていませんが。
ちなみに僕は「おばあちゃんのおもいで」が好きです。

コメントを投稿する