オルタナティブ・ブログ > プロジェクトマジック >

あるいはファシリテーションが得意なコンサルタントによるノウハウとか失敗とか教訓とか

教師にこそ必要な学ぶ力、あるいは授業を参観しなかった件

»

少し前、小学校2年生の娘の学校に行った時にツイートしたものを転載。
(分かりにくい点が多かったので、転載時に少し補足した)

1)娘の授業参観に来ているが、いたたまれなくなって出て来てしまった。そして隣のクラスのベテラン先生の授業を覗き、娘の担任との先生としてのスキルの違いっぷりに愕然とした。

2)ベテラン先生の優れている点はいくつかある。算数の問題を考える際の思考の流れを丁寧に板書しながら、生徒に追体験させてあげていた事。集中の緩急を付けるのがうまいこと。ちょっとした隙を見て個人個人の理解度をチェックしていた事。
これらは全て、僕がプレゼンやトレーニングする際に大事にしていることだ。

3)うちの娘の担任も全く同じ内容を教えていた。ベテラン先生が時間を割いていることをやらない代わりに彼がやったのは「3リットル4デシリットルと1リットル2デシリットルの違いを求めましょう」という問題について「違いとは何か」と問いかける事だった。

4)「違いを求めましょう」というのは「体積の差を求めよ」という事だろうが、「違い」という言葉を使わずに「違い」という概念を説明するなんて、僕にも出来ない。もちろん彼自身にもできていなかった。

5)さて、僕が言いたいのは娘の担任がいかにスキルがないかという話ではない。スキルがないなら、なぜある人に学ばないのか?ということだ。ベテラン先生の授業を数回聴講して、教えを請えば、スキルの高低以前に、目指すスタイルが全然違う、ということにはならないはずだ。(直ぐに追いつけないのも事実だが)

6) 自分の不足点を知り、優れた人に「すみません、コツを教えて下さい」と頼む事こそが、「学ぶ力」であると内田樹は常々書いている。 先生に学ぶ力がないのならば、生徒はどうやって学ぶ力の重要性と身につけ方を知るのか。

7)学ぶ力については、学校ではなくて両親に求められる事なのかもしれない。別にそれでもいいけど、それってみんながきらいな「格差」の源泉だと思うのだが、それでよろしいのであろうか。 何にせよ、かなりブルーな気持ちになって来たので、「王様の耳はロバの耳」的に書きつけてみた。

8)と、書いてきたが、このことは娘には言わない。娘の前で「先生を尊敬していないそぶり」は、彼女の学ぶ力を決定的に損なうからだ。また、先生にこれを伝えたところで、ただのモンスターペアレントであり、なにも良い結果を生まないだろう。

9)僕らコンサルタントが「学ぶ」ということについて教師よりも恵まれている点が2つある。 1)同業者の仕事ぶりを見られること。特に他社との協業は勉強になる。2)フィードバックを貰えること。上司にダメ出しされたり、お客さんから「意味わかりません」と言われたり。
教師にはこれらが両方なく、気の毒に思う。

Comment(8)

コメント

白川さん、こんにちは!ご無沙汰しています。
その担任の先生は、ご自身ができていないことに気付いていらっしゃるのでしょうか。
企業において最も多いのは、気付いていない、ということのように感じています。
誰かが(教え子の親は言いづらいですね)教えてあげないと、と思った今日この頃です。

名無し

あんた、相当エラそうだね。じゃあ、あんたがやってみたらいいやん。
こんなクレーマーな父親に育てられる娘さんって、見栄っ張りになりそうだよ。

もっと温かい目で人を見られんの?これだから偉い人は困るばい。

ookiさん、お久しぶりです。
>ご自身ができていないことに気付いていらっしゃるのでしょうか。
分かりません。。親子面談の際などにお話してみようかな・・と何度か思ったのですが、建設的にお伝えする自信がなかったので、断念しました。会社ならば「お互い言うのはあり」ということが共有されているから伝わりやすいですが。

名無しさん、
確かに偉そうに書いてますね。すいません。
僕にできるかと言えば、もちろんできません。そして、担任の先生が今時点でできないことはどうでも良いと思っています。大事なのは向上心です。

木村祥久

>学ぶは、「まねぶ(学ぶ)」と同源で、「まねる(真似る)」とも同じ語源である。

えぇっ!白川さんがエラそうだって!なるほど世の中にはそう感じる方もいるんですね。勉強になります。

ばあは

>スキルがないなら、なぜある人に学ばないのか?ということだ。
おっしゃる事はごもっともですが、果たして今の学校現場でそれができるか?が問題なのですよ。                        


どういう授業の進め方をしているのか?
自分の授業とどこが違うのか?
ベテラン先生と自分の授業とでは子どもの反応はどう違うのか?
                

これらが分かれば、お嬢さんの担任先生も工夫するなり、真似てみるなりするでしょう。
自分の授業が酷い事も比べてみれば分かるから、きっと心から納得して。                     


でも現実にはベテラン先生の授業を見るチャンスなんてナイですよ。
ベテラン先生がやっている時には担任先生も授業をしていますから。
それに、授業は生もの(子どもの反応も見なきゃ良いのかどうか分からない・その場の流れをどう教師がさばくのかなど)なので
実際にこの目で見ないと先生は納得できないでしょうし。                          


15年ほど前までは、公開研究授業 というものが各自治体教育委員会主催で行われていました。
平日の午後の「これは」と思う授業を自治体内の先生方が見に行けたのです。そして授業の後は質疑応答があって熱心な討論があったそうです。                         


でもこの公開授業は、なくなりました。
なぜなら、公開授業を見学する先生方のクラスは自習になってしまうからです。
             

そりゃそうですね、担任先生が研究授業見学でクラスを留守にするんですから。
その事にご父兄さん方がクレームをつけたのと、学習機会を見学する先生のクラスの子ども達にも保証しなければならないという考えが主流を占めたから。           


昔小学校長をやっていた父が言っておりました。
「今の教師はかわいそうだ。生の授業を見学できなくなって学ぶ事ができなくなったから」

ビデオなどの代替案はたぶん、財政不足の教育委員会は採用しないでしょうね…

初見ですが・・・

文句を言うだけでなく、解決案まで提示して、なおかつ娘や教師本人に伝えるという事に関するリスクまで把握している
久しぶりに本当に頭のいい人を見たと思った

ばあはさん、明けましておめでとうございます。
>でも現実にはベテラン先生の授業を見るチャンスなんてナイですよ。
まったくゼロじゃないにしても、あまり熱心に相互見学は行われていないようですね。個人的には週1回くらいは自習なり代打なりがあっても、先生が学んでくれればすぐにもとは取れると思いますけどね。。
残念です。

コメントを投稿する