オルタナティブ・ブログ > プロジェクトマジック >

あるいはファシリテーションが得意なコンサルタントによるノウハウとか失敗とか教訓とか

連ツイ転載(4)あるいは、仕事が好きなの嫌いなの

»

★もやっとしているなら連ツイだ
先日の連ツイはとても個人的なテーマで、仕事に関する、僕自身の感情について。

「新書で名著をモノにする 『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』」という本を読んでいたら「じゃあ、自分が仕事にいそしむのはなぜ?」というテーマで考えてしまった。
常々、自分の仕事観については自分で不思議に思っていたので、なにかヒントを考えつくかも、と思って連ツイしてみた。

★仕事が好きなの嫌いなの?

1) 今日の連ツイは恐らく結論が出ない、チラシの裏的ツイートになる。「あなた、仕事好きですか?」への僕のまとまらない感情について。
これが「今の仕事(職種)好き?」という問いなら話は速い。数ある仕事のなかで、今の仕事は好きというか、天職に近いと思う。向いているし、好きだ。

2) どれでも選んでいいよ、と言われたら、女風呂の番頭とかそういうネタ系を除けば、たぶんまたコンサルタントを選ぶ。次点は学者かリクルート社員か商社。ちなみに学生の時はコンサルタントになる気は全くなかった。それはまた別の話。

3) 僕が戸惑うのは、そうじゃなくて「仕事好き?」という問い。
第一に浮かぶ回答は「いや、全然」。毎朝仕事に行きたくない。日曜の夜はブルー。全てがめんどくさい。よくヴィジョナリーカンパニーとかに「毎朝会社に行くのが楽しみでしょうがない」みたいな経営者の話が乗ってるけど、異星人かと。

4) ただ、実際仕事にはあまりサボらずに来ている。カネのために働いているのなら週休4日くらいで、慎ましく生活した方がニーズにはあうが、そんなことをする度胸もない。しかも、主体的に仕事を自ら考え、より良くしようと努力している。多分はたから見たら「凄く仕事が好きそう」に見える。

5) 働き始めてもう15年経つのだが、この2面性(働くのが嫌いだが、一生懸命イキイキと働いてしまう)は、自分についての最大の謎になっている。
気づいていないだけで、本当は働くのが好きなのか?ただの資本の犬なのか?仕事を通じた自己実現の中毒なのか?
さっぱり分からない。

6) ものの本を読むと「なぜ人間が働くのかは、永遠の謎だ」とか「人間が何者かは、どんな働き方をしたかで、事後的に定義される」とか書いてある。
よろしい。そうかもしれない。でも、好きか嫌いかくらい自覚できたって良さそうなものじゃないか。

7) 100%嫌いだと自覚したら、働くのが辛すぎるので、ぼやかして認識しているのだろうか(神の配慮?)?
実は仕事が好きだと自覚したら、長年のアイデンティティに齟齬を来たすからだろうか。(例えば20年間勉強が嫌いだった。それが自分だと思っている)

8) えーと、すみません。やっぱり書いててもどこにもたどり着けませんでした。のでオチなし。
お暇でしたら、あなたが仕事が好きなのか嫌いなのか、それはなぜなのかを教えてくれたらうれしいです。

9) 好き嫌いは別として、仕事を一所懸命やって来てよかったんだろうな、と事後的には思います。仕事によって人格が形成されたのも自覚してるし。でも、嫌いなものは嫌いなんだよね。
もう働かなくてイイよ、と言われたら、どうすんだろ、俺。少なくとも1年くらいは寝て暮らして、そっから考える?

10)最寄駅についてから思ったんだけど、僕にとっての仕事って、自転車に似ている。坂道登っている時は苦しくて、なんでこんな事やってんだろ、と思うけど、トータルとしては嫌いじゃなくて、より向上する為に色々努力してしまう。
こういう二面性があるものにこそ、惹かれるものなのかもしれない。

★仕事には喜びが
何人かのフォロワーから、この連ツイに対してリプライをもらった。
・仕事大好き!みんなで成果を求めるところが
・あの仕事は好きだった、あっちはちょっと・・
・人は今していることを好きになる。仕事も。
・ルーティーン嫌いだが、人と絡み合いである仕事の中身は好き
などなど。

総じて「トータルとして仕事が好きかはともかく、仕事の局面局面には喜びがかくれている。それは大切なものだ」という感じだろうか。

そう、仕事に喜びがたくさん隠れているのは間違いないんだよね。そして、毎日電車に行って仕事をするのが好きじゃなくても、隠れている喜びを増やすことはできる。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する