オルタナティブ・ブログ > 少しでもパラノイアになってみる >

知的好奇心を満たすために、いろいろなことにチャレンジする

Amazon EC2でARMのAIM登場

»

"Canonical、Amazon EC2にARM版Ubuntu Serverを用意"

Amazon EC2にARM版Ubuntu ServerのAIMが公開されました。で、私も昔作ったAmazon Web Servicesのアカウントでログインして、該当のAIMがあるか確認してみました。

Amazon EC2のInstances WizardでCommunity AMIsを選択して、All Imagesでami-aef328c7を入れると出てきました。

ありますね。

AIMに公開されているアーキテクチャのほとんどはx86です。

ですがサーバCPUは何もx86しかないわけではありません。SPARCに関しては"Sun Solaris Sparc Edition does EC2 support?"にあるようになさそうです(質問自体は2010年ですが)。

POWERに関しては検索してみましたが、AIMの一群にも、質問に関しても見つけることが出来ませんでした(POWER自体がユニークでない単語のため、ノイズが多すぎて見つけることが出来ませんでした)。Itaniumは探す気も起きませんでした。MIPSは簡単に探してみましたが、見つけられませんでした。

このため、ARMはx86以外を除くと次に登録されたアーキテクチャかもしれません(注:私が探すことが出来なかっただけであるのかも知れません。もし間違っていたら御一報いただけると幸いです)。

ARMは、モバイルCPUとして普及しましたが、サーバとしても活用を目指しています。過去にも私はエントリを書いています。

ARMがサーバ市場を揺るがすのか
HPの超低消費電力ARMサーバ計画(Redstone)の可能性
・ARMのサーバの可能性

このため、ARMのサーバ準備は2010年ぐらいから表面化してようやくAmazon EC2で選択できるところまで来ています。

サーバでも電力効率が必要となっています。このため、ARMサーバが出てきても不思議ではありません。Ubuntu Serverから始まったのは私には意外でしたが、性能を必要としていないユーザにはメリットのあるオプションに見えます。けど、ハードはARM版ハードを準備しているのでしょうか。Community AMIsはどのていどで権限で登録できるものでしょう?

現在のところARM系のサーバの性能はそれほど高いものは存在しないと思います。Cortex-A15搭載製品もまだ出てきていません。ですが、近い将来(Cortex-A15登場)に大きく改善される可能性はありますし、コアが小さいARMはサーバ向けの多コア搭載版が出ればスループットの観点では性能が高いCPUが登場しても不思議ではありません。

クラウド側で採用されればARM製造メーカももっと力を入れる可能性もありますし、Windows on ARMの出荷台数が増えれば、ARM市場は拡大の可能性があります。市場が拡大すれば、多くのメーカは投入してくると思われるため、今後面白くなる可能性があります。

Comment(1)

コメント

多分、消費電力が少ない事を理由としてARMサーバーが流行ることは無いと思います。
仮想化技術を使えば、機能を一台に詰め込む事で効率化も出来ます。
サーバーは消費電力あたりの性能が重要。

でも、クラウドベースでiphoneやandroidのソフトを走らせて動作確認する需要はありそうです。エミュレーターの出来に左右されない安定した開発環境が構築しやすくなるかもしれません。

コメントを投稿する