オルタナティブ・ブログ > 少しでもパラノイアになってみる >

知的好奇心を満たすために、いろいろなことにチャレンジする

MacBook Air mid 2011を購入してみた(キーボード&Magic Mouseレビュー)

»

私は、今キーボードをすべてThinkPad系キーボードのみしか使用していません。理由はキータッチは最も好みに合うためです。会社でもデスクトップPCでもノートPCでもです。

MacBook Airの購入でThinkPad系でないキーボードを使用するのは久々です。このため慣れるためにブログなどを書いて長時間使ってみました。

私はストロークが浅い方が好み(深いのは疲れる)ため、パンタグラフ系キーボードならばいけると思っていました。ですが、やっぱりキーボードの好みとしてはMacBook AirはThinkPadほど好きにはなれません。

なぜ、ここまで好きになれないのかと思ったのですが、ThinkPadキーボードは押すときの抵抗と戻ってくる感覚が絶妙だと思うのです(それでも以前よりは...)。このあたりは、"ThinkPadのキーボードが打ちやすい理由――大和のエンジニアかく語りき (2/3)"が詳しいと思います。

MacBook Airのキーボードが打ちにくい訳ではありませんが、長時間打っているとThinkPadキーボードよりも疲れた感じがします。もしかすると指などがThinkPad系キーボードに慣れすぎてしまった可能性もありますが。

それでもMacBook Airのバックライトキーボードて良いと思うのです。

キーボードのバックライトはThinkPad X1でも採用されました。そこまで暗いところでキーボードをうつことはありませんし、第一キーボードを見て投入することはありません(タッチタイプできるので)。

このため、キーボードが光ったからといってもそれほどメリットがないようにも思えますが、ノートPCのディスプレイはキーボードの近くにあるためディスプレイを見ているだけでキーボードも視野に入ります。このため、手元が明るいのは案外良いのではないかと思います。

また、MacBook AirをiOS開発向けがメインなのでUSBキーボードを接続できれば、それほど大きな問題ではありませんが。

ついでに一緒にMagic Mouseも購入しました。Windowsではほとんど機能が動かないと聞いていたので購入しなかったのですが、MacBook Airと一緒ならば全ての機能が使うことが出来ると思ったためです。

Safariのスワイプで戻る・進むの動作は直感的で感動しました。現在のマウスやクラシックThinkPadキーボードには戻る・進むボタンがありますが、これよりもスワイプのほうがいいですね。ただし、Safari等の特定のアプリしか使えないところがなんとも言えないところですが。インタフェイスへのこだわりは確かにAppleは他のメーカを頭1つ以上差がついている感じがします。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する