オルタナティブ・ブログ > 少しでもパラノイアになってみる >

知的好奇心を満たすために、いろいろなことにチャレンジする

ミネビアのCOOL LEAFレビュー

»

私は、ThinkPad USBキーボードを愛用しています。現時点では、このキーボードがベストだと判断していますが、気に入らない点がないこともありません。理想のキーボードに最も近いですが、理想そのものではありません。

私が理想としているキーボードの条件は以下です。

・底押しするタイプなので、ストロークが浅いもの
・フラットで薄いこと
・あまり指を上げないため、指の移動を妨げないキーであること(角が立っているアイソレーションキーボードは引っかかる)

腕の構造上、このほうが楽だと思います。また、ThinkPad USBキーボードはキーフィーリングは非常に良いところ(押し返させられる感じ)もありますが、剛性が低いところが最も泣き所だと思います。

このため、いつも良いキーボードがないかと探していますが、ミネビアからCOOL LEAFを購入してみました。

COOL LEAFは、キーを廃して、フラットパネルでキー入力を受け付けます。ストロークが0です。薄くはありませんが、キー我ないためアイソレーションキーボードの様に指がひかっかることもありません。ある意味、私の理想に少し近いとこがあります。

キーの表示が少し思っていたのと違いました。入力の反応はまったく問題はありません。ですが、使っていて、ちょっと違和感を感じました。最初、その違和感が分からなかったのですが、どうもキー入力を受け付ける範囲狭い感じです。ThinkPad USBキーボードを比較してみました。

縦横とも通常のキーボードサイズからは小さめになっています。このため、普通にキー入力を行っていると入力ミスが多発しました。また、あまりキーから指を離さない癖(キーに指を置いている感じ)があると、COOl LEAFは反応してしまいます。これもちょっと困りました(これは私特有なのかな...)。

打ちにくさは、おいておいてこのようなキーボードが普及するか考えてみましたが、多くなるのではないかと思えてなりません、その理由は、iPad等のメディアタブレットが普及とタッチパネル式キーボードでもいいやと思うユーザが増えてくるのではないでしょうか。

また、多くのユーザにとってキーボードの需要はどの程度でしょうか。ブログを書いたり、ソースを書いている人たちにとってはキーボードは最重要ガジェットの一つですが、一般ユーザにとってはそれほど重要とは思えません。ブラウザで検索キーワードしか入れるぐらいの需要しかないとキーボードが重要とは思えません。また、多くの人にとって割りとキーボードは無頓着なほうだと思います。このため、ディスプレイのタッチパネルで十分と言うユーザが増えるかも知れません。

また、この様なタッチパネル式キーボードは、ハード的制約がないため、いろいろなタイプのキー構成が可能になります(COOL LEAFはできませんが)。iPhoneがその典型的な例です。

キーボードの配列の種類はそれほど多くはありませんが、エルゴノミックキーボードは特殊な配列があります。私は、MicrosoftのNatural Ergonomic Keyboardを使っていたことがあるのですが、キー配列はこれが一番良かったと思います。ですが、キーフィーリングはまったく好みには合わないため今は使っていません。

COOL LEAFの様なタッチパネルでエルゴノミックキーボードが出来ると面白いのにと思わなくもありません。Acerの2画面タッチタブレットPC「ICONIA」を見ていると、案外この方向にPCは向かうのも悪くはないのではないかと思えてなりません。

このため、COOL LEAFの次の製品を出すとき、安く(今の製品は高すぎる)、キー入力範囲を通常のキーボードサイズまで拡大させて、自由なキー配列構成が出来て、タッチパッドも付けば面白いのではないかと思います。それだと安くならず、タッチパネルを使うほうがよくなるか...

Comment(4)

コメント

"多くのユーザにとってキーボードの需要はどの程度でしょうか。ブログを書いたり、ソースを書いている人たちにとってはキーボードは最重要ガジェットの一つですが、一般ユーザにとってはそれほど重要とは思えません。ブラウザで検索キーワードしか入れるぐらいの需要しかないとキーボードが重要とは思えません。また、多くの人にとって割りとキーボードは無頓着なほうだと思います。このため、ディスプレイのタッチパネルで十分と言うユーザが増えるかも知れません。"
キーボードが最重要のガジェットの1つのユーザーと、ディスプレイのタッチパネルキーボードで十分とユーザーの中間として、スタイラスペン(あるいは指)による入力が鍵を握るかも?
GoogleはAndroid等のタブレットのタッチパネルキー入力のため(?)に
BlindType
http://sitekamimura.blogspot.com/2010/10/blindtype-demo2.html
を買収したみたいで、動画を見る限りだとかなり快適そうですが、それではあくまでタッチパネルキーボードによる入力と変わらないので、Microsoft、Google、あるいはApple等が7notesと提携、または買収等してWindows、Android、Chrome OS、Mac OS X、あるいはiPad等の標準の入力システムすればかなり魅力的な文字の入力方法になると思います。(個人的にはWindows 7の手書き数式入力が魅力
http://sitekamimura.blogspot.com/2009/10/microsoft-windows-7.html
なのでWindows 7(8?)に組み込まれると嬉しい!)
全然そのような話がないけど実現したらとても嬉しいのですが。。(米国ユーザー、企業には7notesの魅力が伝わりにくいのかな?)

kamimuraさん、コメントありがとうございます。
7notesはすごいですよね。確かに、7notesの様なタイプは、タッチパネルよりもより直感です。よりユーザの利便性があるものが生き残るのが常ですので、キーボードの次の入力デバイスとしてスタイラスペンも有力な製品かも知れません。
今後もよろしくお願いします。

寝太郎

せっかくLEDで文字を表示しているのだから、例えばシフトキーを押せば大文字になる、カナシフトでカナ表示になる、ということができるはずです。ハングル、アラビア語、ビルマ語、など、キー配列図を見ながらでなければできなかったことが容易になります。ショートカットにも容易に対応できるでしょう。自分で配列を変えたり記号等も入れられます。電子楽器のキーボードにも変身できるかもしれません。
アプリケーションと連動させれば入力可能なキーだけを(強調)表示したり種別毎に色を変えることも可能です。
いわゆるキーボード以外の製品もある様ですが、それらでも同じことができます。
先日TVの社長インタビューで紹介されていましたが、メーカーが考えているより広い応用がありそうです。

寝太郎さん、コメントありがとうございます。
確かにもっと自由度が高い表現ができれば用途はもっと多そうですね。
今後もよろしくお願いいたします。

コメントを投稿する