オルタナティブ・ブログ > 少しでもパラノイアになってみる >

知的好奇心を満たすために、いろいろなことにチャレンジする

Ubuntu 10.10をVMware Playerで動かしてみた

»

Ubuntu 10.10が2010年10月10日に公開されたので前回同様VMWare Playerにインストールしてみました。

インストールは非常に簡単でした。VMWare Playerは10.04時と違って完全に自動的にインストールしてくれます。Ubunut 10.10でインストールが楽に(ファイルコピー中に、アカウントなどを登録する)なりましたが、VMWare Playerはそのあたりすら気になりません。

WindowsとLinuxの両用ベンチマークを知らないので、Chrome 6.0.472.63でJavascritpベンチを走らせてみました。

OS SunSpider
(ms)
V8 Bench
Mark Suite
(score)
Peace
keeper
(point)
Task
Speed
(ms)
Kraken
(ms)
Windows 7 64bit 251 4,712 9,730 1,643 15,211
Ubuntu 10.10. 64bit
(VMWare Player)
266 4,116 9,719 2,257 16,560

VMWare Player上のUbunut 10.10が悪い数字になっていますが、仮想化上で動いていますので仕方がないのかも知れませんが、それでも許容される範囲でしょう。

Linux/Windowsの両方で動くメジャーなブラウザは、Firefox(4 beta)、Chrome、Operaです。その両方のインタフェース(左上)を比べると以下の様になっています。

・Windows 7

・Ubuntu 10.10

Chromeは、Ubuntuのアイコンが左上に移動したため、その箇所のみ差があります。OperaとFirefox(4 beta)は最新版で大幅にメニューを変えましたが、Ubuntuで見るかぎりは若干残念です(FirefoxはBeta版なのでもしかすると...)。

メニューを小さくするのが主流であることを考えるとLinux側の変更も必要な気がします。Netbook向けのUnityでインタフェイスを変えていることを考えると、特に感じます。

Ubuntuの進化は他のディストリビューションから比べればずっと良い感じに進んでいますが、メディアタブレットへの対応はどうするのでしょうか。マルチタッチ・ジェスチャースタックのuTouchは今回盛り込まれませんでした。Ubuntuは、uTouch導入後にどのように展開するのでしょうか。dynabook AZにUbuntuがインストールできたようなので、ARM系のメディアタブレットへの展開を期待しています。

【Ubuntu】
Linuxディストリビューションの人気
Ubuntu Unityを試してみた
Ubuntu 10.04をThinkPad X201sにインストールしてみた
Ubuntu 10.04 Netbook EditionをVMware Playerで動かしてみた
Ubuntu 10.04をVMware Playerで動かしてみた
仮想化でUbuntuを触ってみる

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する