オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

「PoC死」の葬り方・前編

»

IoTで新しい事業を立ち上げたい」

例えば、このようなお客様からの相談に、あなたならどう対処するだろうか。

  • センサーを工場内に配置して、従業員の稼働状況や作業効率を把握できるようにしたい。
  • ARを使って、工程の進捗や設備の状況を即座に知ることができるようにしたい。
  • RFIDを使って、資材の動きを把握し、設備や人員の最適配置を直ちに割り出せるようにしたい。

なるほど、いままでにできなかったことができるようになりそうだ。しかし、少し待って欲しい。そもそも「なぜ、何のために」、このようなことをしなければならないのだろう。新しい技術が登場し、それを使ってみて、何ができるか、どれだけのことができるかを知りたいという知的好奇心は大いにけっこうだが、「なぜ、なんのために」やる必要があるのだろう。自分たちの「あるべき姿」はどうあるべきか、その実現を阻む課題は何か、その課題を解決することにどれほどの価値があるのか、といった「なぜ、なんのために」をはっきりさせないまま、PoCProof of Concept/概念を検証するための取り組み)に取り組むケースが後を絶たない。

0ec2ab457efcee3149ee6b8e6e8ad5c4-1024x769.png

このようなPoCは、おおよそ次のように進められることが多い。

  • 現状のプロセスをそのままにして、その技術の使えそうなところを探す
  • 使えそうなところに使って、使えるかどうかを検証する
  • 使えることは確認できたが、これで何が解決されるのか分からない

「なぜ、なんのために」がないのだから、何が解決されるのか分からないが、結局のところ分からない。「使ってみた」という成果は残るが、次に続くことはない。

本来、PoCC = Concept(概念)とは、事業の概念であり、その事業が思惑通り実現できるかどうかを検証することが趣旨である。しかし、事業の概念がないままに、IoTとは何だろう、何ができるのだろうかといった機能や性能への興味や関心のためにPoCを行っても、事業の成果に結びつくことはない。

事業の成果に結びつかないPoCを繰り返せば、予算はいくらあっても足りないだろう。まさに「PoC貧乏」である。一方、SI事業者にとって、このようなPoCは必ずしも悪い話しではない。なぜなら、成果を保証する必要がなく、工数を稼ぎ、しかも、自分たちは技術検証ができて勉強になる。短期的には「PoC成金」になれる。

しかし、それがお客様の事業に継続的に組み入れられなければ、安定した収益の確保や継続的拡大にはつながらない。また、技術のつまみ食いが増えて、実績が積み上がらず、ノウハウが蓄積しないし、持ち出しも増えるだろう。結局はPoC貧乏、いや、実績を出せないSI事業者というレッテルを貼られ、この会社に相談しても仕方がないと思われてしまい、やがては「PoC死」に至るかもしれない。

本来、PoCは次のような手順を踏むべきだ。

明日の後編に続く】

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー

【2月度のコンテンツを更新しました】
======
・DX関連のプレゼンテーションを大幅に拡充
・セキュリティと5Gについても新たなプレゼンテーションを追加
・講演資料「デジタル・トランスフォーメーションの本質とプラットフォーム戦略」を追加
======
総集編
【改訂】総集編 2019年2月版・最新の資料を反映しました。
パッケージ編
講演資料「デジタル・トランスフォーメーションの本質とプラットフォーム戦略」
======
ビジネス戦略編
【新規】デジタル化:デジタイゼーションとデジタライゼーション p.4
【改訂】デジタル・トランスフォーメーションとCPS p.18
【新規】デジタルトランスフォーメーション 2つの解釈 p.19
【新規】DXとPurpose p.20
【新規】DXの基本構造 p.30
【新規】DX実践のステージ p.35
【新規】デジタイゼーションとデジタライゼーションとDXの関係 p.36
【新規】オープン・イノベーション事例:MONET Technologies p.52
【新規】オープン・イノベーション事例:TOYOTA WOVEN CITY p.53
【改訂】改善・最適化戦略/変革戦略とDX p.72
【新規】エコシステム(生態系)とは何か p.84
【新規】プラットフォーム・ビジネスを成功させる3つの要件 p.85
【新規】共創とプラットフォーム p.86
【新規】プラットフォームの事例:エーザイ・認知症エコシステム p.87
【新規】プラットフォームの事例:エムスリー株式会社 p.88
【新規】DXとは(まとめ)p.87
【新規】共創ビジネスの実践 p.185
【新規】内製化の事例:クレディセゾンのサービス「お月玉」 p.186
【新規】内製化の事例:株式会社フジテレビジョン p.187
【新規】共創の事例:トラスコ中山 MROストッカー p.188
【新規】「営業力」は「大好き力」 p.249
【新規】営業目標達成を支える2つの要件 p.250
【新規】「活動生活」の3部類 p.251

ITインフラとプラットフォーム編
【新規】シングル・サインオン(SSO)・システム 1/2 p.111
【新規】シングル・サインオン(SSO)・システム 2/2 p.112
【新規】Microsoftのセキュリティ・プラットフォーム p.119
【新規】移動体通信システムの歴史 p.255
【新規】5Gのビジネスの適用領域 p.256
【新規】5Gの普及段階 p.261
【新規】5GによるIT/SIビジネスへの影響 p.267

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
【新規】スマート・スピーカー p.53
【新規】新しい学習方法 p.106

クラウド・コンピューティング編
【新規】オンプレとパブリック・クラウドの関係の推移 p.106

テクノロジー・トピックス編
【新規】ニューロモーフィック・コンピュータ p.62

下記につきましては、変更はありません。
 開発と運用編
 サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
 サービス&アプリケーション・基本編
 ITの歴史と最新のトレンド編

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する