オルタナティブ・ブログ > 穂苅智哉の Webビジネス!日進月歩 >

文系学部からITベンチャー企業へ進んだ男が考えていること、感じたこと、未来のことなどを書きます。

読書はほぼKindle派

»

こんにちは、穂苅(@tomoyanhokarin)です。

コロナウィルスもですが、インフルエンザも流行っています。気をつけていきましょう。

今回は、 読書は紙派?電子書籍派?
についてです。

皆さんはどちらでしょうか?

僕は、基本は電子書籍派です。

理由としては、以下の3点です。

  • かさばらないから
  • 慣れると読みやすいから
  • まとめるのに便利だから

かさばらないから

デバイスはiPadとiPhoneで見ているのですが、本が荷物にならないのは自分としてかなりのメリットです。

ただでさえ、僕荷物多いので・・・

ページ数が多い本や大きな本はポータブル性がありませんが、電子書籍であれば関係ありません。
まさにデジタルの恩恵です。

慣れると読みやすいから

更に、意外と慣れると読みやすいです。

本は、両手がふさがってしまいますよね。電子書籍であれば、片手で本が読めるのです。

これは、もう、読書革命です。

まとめるのに便利だから

そして、これも重要で、後で本の内容をまとめるときに非常に便利なことです。

Kindleにはマーカーを自由に引ける機能があり、後でマーカーを引いたところだけを一覧するという機能もあります。
これによって、無駄なくサッと内容のまとめができます。

本は読んで終わりではないとはよく言われるところですが、マーカーを引いたところをPC版のKindleで開き同時にメモアプリも開き、再度見直しながらまとめていきます。わからない部分はすぐググります。
この機能があるからKindle派と言っても過言ではありません

気をつけるところ

気をつけるべきは、スマホやタブレットで見るときには、他に気を取られないようにすることです。

特にスマホであれば、通知来ますよね。他のアプリもありますよね。 そんな状態では、集中力持って読書できません。

他の人は、 通知などが物理的に来ないようにKindle Paperwhite を使って邪念を取り除いている人もいますが、
個人的にあのスマホの綺麗さとカラーが好きなので、Night ShiftをONにしてブルーライトをカットしながら読んでいます。

とはいえ、紙の本を読むこともあります。
それは、Kindle版が無い場合。仕方なく紙の本を買うことがあります。

これ以外の場合はKindle版を買うほどのKindlerです。

皆さんは紙の本派ですか?電子書籍派ですか?

私、穂苅智哉の情報は、以下のFacebookページTwitterアカウントをごらんください!
※Facebookの友達申請をいただける方は、お手数ですがメッセージを添えていただけるとありがたいです(^^)
※Twitterのフォローはお気軽にお願いします(*^^*)

Facebook
https://www.facebook.com/tomoya.hokari.79

Twitter
https://twitter.com/tomoyanhokarin

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する