オルタナティブ・ブログ > 穂苅智哉の Webビジネス!日進月歩 >

文系学部からITベンチャー企業へ進んだ男が考えていること、感じたこと、未来のことなどを書きます。

PHP7.3のパフォーマンスとPHP5.6以下のサポート切れ

»

PHP7.3がリリースされました。

PHP7.3はPHP7の次世代バージョンで、PHP7.2系よりもいくつかのアップデートがされているようです。

PHP7系のシェア

Q-SuccessのW3-Techsによると、PHPはすべてのWebサイトの78.9%で利用されているとされています。
ちなみにJavaは3.9%、Rubyは2.3%、Pythonは1.1%だそうなのでまさに圧倒的シェアです!

その中で、PHP7がリリースされてから3年ほど経つようですがバージョンごとのシェアはどうなのでしょう。
以下のグラフをご覧いただくと歴然です。まだPHPの5系が75.2%あるのです。

スクリーンショット 2018-12-13 21.02.18.png
(参考)Usage of server-side programming languages for websites - Q-Success(W3-Techs)

PHP7系って、意外と浸透していないんだなぁと思ってしまいます。この数値、何が問題かと言うとサポート切れの問題なのです。見ていただくとわかるように、PHP5系に関しては、5.6というバージョンが今年2018年12月31日でサポート切れになり、PHPの5系はこれでセキュリティサポートが全て切れてしまいます。

スクリーンショット 2018-12-13 21.13.36.png

早めにPHPの7.3にアップデートしないといけない。この流れは一気に来るのではないかということがわかります。

PHP7.3

PHP7.3のリリース情報はphp.netに行けば手に入ります。

PHP 7.3.0 comes with numerous improvements and new features such as

  • Flexible Heredoc and Nowdoc Syntax
  • PCRE2 Migration
  • Multiple MBString Improvements
  • LDAP Controls Support
  • Improved FPM Logging
  • Windows File Deletion Improvements
  • Several Deprecations

いくつもの機能が実装されました。

  • PHPにおけるヒアドキュメント のHeredoc and Nowdocが柔軟に
  • PCRE2(Perl Compatible Regular Expressions )へのアップグレード

などなどありますが、パフォーマンスの点でも従来のPHP7.2系よりも良くなっています。おおよそ10%高速に動作したというテスト結果もありました。
(参考)PHP 7.3 Performance Benchmarks Are Looking Good Days Ahead Of Its Release

また、LAMP環境をチューニングして提供しているKUSANAGIの環境だと、同KUSANAGIの環境のPHP7.2系と比べておよそ20%パフォーマンスが向上しているようです。
(参考)PHP7.3、7.2、5.6性能比較

Webサイトを運用しているサーバーでPHP5系を使用している方はセキュリティ、パフォーマンスともに考えて、早めに7.3を見据えたほうが良いのかもしれません。

私、穂苅智哉の情報は、以下のFacebookページTwitterアカウントを御覧ください!
※友達申請をいただける方は、お手数ですがメッセージを添えておねがいいたします。

Facebook https://www.facebook.com/tomoya.hokari.79

Twitter https://twitter.com/tomoyanhokarin

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する