オルタナティブ・ブログ > ひといくNow! -人材育成の今とこれから- >

HRD(人材の育成、教育研修)の現場から、気づいたこと、アイデアを発信します。初めて人材育成や教育担当になった方でも、わかりやすく、取り組みやすい情報提供を目指します。特に、20代~30代を元気にしたいご担当者様、是非このブログにご参加ください。

世界中で愛読される絵本に学ぶ「できない人」の活かし方

»

成果がなかなか出ないとき、職場や身をおくコミュニティで「役に立っている」と感じられないとき、誰かと(勝手に比較して)「自分は価値がない・・・」と感じるとき、以前と比べ衰えを感じるとき...

「自分なんていても意味がないかも」
「このまま生き続けることにどんな意味があるのだろう」
という思いがふと湧き上がることがあります。

多分、そのことを言葉にすれば、誰かが
「そんなことはない!」
「あなたがそんなことを言うなんて!」
と、言ってくれるでしょう。

でも、それらの感情が湧き上がるのは、心が弱りきり、言葉にする力もないとき。

この絵本の著者プレム・ワラット氏は、人のつよさももろさも、よくわかっていらっしゃるのでしょう。
絵本のタイトルは『あなのあいたおけ(英題:Pot with the Hole)』

丘の上に住む庭師と2つのおけの物語です。

丘の上には、庭師がたからもののように大切に育てる庭があります。
その庭の草花に水をやるために、庭師は毎日丘の下の川でおけに水を汲み、天秤棒でかついで丘をあがります。

ある日、庭師が転んでしまい、おけの1つにあながあいてしまいます。
あながあいたおけからは水がもれ、庭にたどりつく頃にはほとんどからっぽになるように。
それが、来る日も来る日も続きます。

それからしばらくしたある日、一方のおけが、あなのあいたおけに言います。
「キミは まったく役に立っていないね」

そう言われたあなのあいたおけは、とても悲しい気持ちになります。
庭にいきる動物や草花たちと会話する力もなくなっていきます。

そして、季節が変わり、あなのあいたおけは、まったく役に立つことができない自分にこらえきれなくなり、泣き出してしまいます。

あなのあいたおけが泣きながら話すのを、庭師はじっと聞き、

「そうだね おまえには あながあいている。
 でも なんの役にもたっていないと思うかい?」

と、問いかけ、あなのあいたおけに話しかけますー

この続きは、ぜひ、絵本の中で、その眺めをご覧ください。
(庭師は、あなのあいたおけ だからこその活かし方を見つけていました。それは周りも幸せにする方法でした)

この絵本に登場するのは、2つのおけと、庭師、そして、庭に暮らす動物と草花。

この絵本を手に取るのは、自分や自分の大切な人が あなのあいたおけ になっている時でしょう。
でも、ちょっとタイミングを変えて読んでみると、それ以外の存在にも大きな役割があることがみえてきます。

その視点は、マネジメントやリーダーとして、人を活かす上での大きなヒントとなることでしょう。手にとってみてはいかがでしょうか。

書籍の情報は↓↓
「100年後も読み継がれる1冊に」をコンセプトとする信州小布施の「文屋」さんサイト

★★★インナー☆ブランディング型人材育成のSix Stars Consulting★★★
横浜でドラッカーマネジメントを基本から学ぶワークショップ「はまドラ」では、
フェイスブックにて、マネジメントに役立つ情報を発信中。
  「はまドラ」フェイスブックページ

マネジャー、リーダーの方を対象に、マネジメントに役立つ情報をお届けするメールマガジン
 「30代、40代のためのマネジメント&リーダーシップ」(まぐまぐより無料配信)

【管理職、リーダー研修、講演、キャリアコンサルティングサービスのお問い合わせは】
Six Stars Consulting株式会社
連絡先:(045)222-0737 ※平日9:00~18:00

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する