オルタナティブ・ブログ > ひといくNow! -人材育成の今とこれから- >

HRD(人材の育成、教育研修)の現場から、気づいたこと、アイデアを発信します。初めて人材育成や教育担当になった方でも、わかりやすく、取り組みやすい情報提供を目指します。特に、20代~30代を元気にしたいご担当者様、是非このブログにご参加ください。

幸せに働ける会社の見つけ方

»

大それたタイトルを付けましたが、このタイトル、実は私の仕事仲間が企画したセミナーのタイトルです。今日はそのセミナーのご紹介も兼ね、私にとっての「幸せに働く」を考えてみたいと思います。

そもそもなぜ「人材育成」の仕事に出会ったのか?

1995年の2月頃、保険の仕事を続ける意欲が薄れていた私は、結婚を機会に辞めようと考えました。ずっと専業主婦だった母の影響もあったのかもしれません。"結婚したら、旦那様よりは早く帰れるようにしないと"なんてことも思っていました。そこで、当時25歳の私が再就職にあたって最初にしたことは、「条件」を設定することでした。その「条件」は次のようなものでした。

1)土日祝日が休み 2)9:00~17:30の勤務時間 3)給与 25万円以上 4)明るい場に必要とされる仕事

設定した「条件」を元に、新聞の求人欄やB-ingに目を通していても、ピンとくる仕事はなかなか見つかりません。唯一、"面白そうだな、やってみたいな"と思った仕事は、今でいうブライダルコーディネーター。人生の一番晴れやかな場を演出する仕事。それは、私が考えた「条件」の4)番目に当てはまります。自分の中では、"いいかも!"と思っていました。

しかし、ブライダルコーディネーターの仕事は、1)、2)の条件から全く外れてしまいます。婚約中だった彼に伝えてみるも、「いい仕事だけど、お休みは一緒にとれなさそうだね」と言われ、諦めることに。

その後、元々関心のあった翻訳関連の仕事や語学学校の仕事など、いくつか応募してみますが、書類選考落ち。再就職の厳しさを実感します。そんな折、新聞の求人広告欄の次のようなメッセージが目に入ります。「生命保険会社で営業経験がある、フットワークの軽い方歓迎」。そして、条件もドンピシャ。

とにかくそのメッセージを見た時に、"私のことだ!"と思ったぐらいのインパクトがある一文でした。しかし、それ以外は"企業に人材育成サービスを提供しています"といったことが書かれていたようないないような・・・というお粗末なレベル。その会社が一体何をする会社なのかも全くわからないまま、面接へと相成ったのでした。

今でこそ、人様の就職活動に色々と口をはさむこともある立場ですが、自分はどうかと言われるとこのようなレベルです。

「条件」で選んだその結果は・・・

運よく入社でき、上司や先輩にも恵まれ、半年ほどは何の問題もなく過ぎていきました。しかし・・・、同時期に入社した年上の元リクルートマンが案件を次々発掘してくるのに対し、私は、受注ゼロ。仕事の芽も出ない始末。訪問できる企業数は増えても、仕事につながる気配が全くありません。

成果が出ないことに対して、「大丈夫よ。そのうちきっと成果が出るから」と言ってくれるあたたかい上司の言葉がある反面、お給料をいただきながらも、何の貢献もできない自分がいたたまれず、落ち込む日々が続きました。

"向いていないのではないか"、"自分がいることがかえって迷惑かも"・・・と考えるようになり、更にモチベーションが下がることに。"辞めたい"と思いながら働く日々が続きます。

まぁ、とにかく悪循環に陥っていたわけです。

今思えば、仕事が決まらなかった理由は、はっきりしています。その理由は次のようなことでした。

1)生命保険は個人、研修は組織なので、仕事の進め方が全く違う 

2)景気の先行きが不透明で、人材育成予算が縮小されていた時期だった。不急の研修以外はストップ。元リクルートマンは、そうした状況も踏まえて、"やる必要のある研修"を提案していた

3)知識・経験が圧倒的に不足していた(研修ご担当者様に必要な情報が全く提供できていなかった)

要は、落ち込んで、モチベーションを下げる暇があったら、上司を上手く活用したり、知識やスキルを増やす努力を真剣にすればよかったのです。

と今では客観的に見ることができるので、こんな風に考えられるまでになりましたが、転職して1~2年目ぐらいは、しょっちゅう"辞めたい"と思っていました。

しかし、そのことを旦那様に伝えると、「採用が決まった時に、あれだけ喜んでいたのに。やりたい仕事じゃなかったのか?ここで辞めたら、辞め癖がつくよ」と言われ、それ以来、"辞める、辞めない"を考えるのを止めて、"40歳までは何があっても続ける"と決めて、今に至っています。

私にとって「幸せに働く」とは?

それでは、辞めたい、辞めたいと考えていた時は、何が理由だったかというと、"認められている実感"や"人の役に立っている実感"がなかったからなんですね。

その証拠に、3年目を超えたあたりから、お客様から支持していただけるようになると、仕事が面白くなり、40歳を超えた今でも続く仕事になっているわけですから。

環境変化が激しい昨今は、思ったように仕事が伸びないこともあり、大変なことも多々あります。でもそういう時は、いただいた仕事の中で、"最大限いい仕事をしよう"と考え、動くことで、幸せに働けていると感じられるようになっています。

今日のまとめ

仕事仲間のコンサルタントの今井さんが、

・"自分のやりたい仕事が見つけられない"、"向いている仕事がわからない"と悩んで就職活動にあたっている学生さん

・"大変な就活"→"やっと入社した会社で、やりがいが見つけられない"・・・といって、現状に不満を抱えている人

「そんなのもったいない!せっかく与えられた時間を、もっと色んなことに使えると思いませんか?それで、セミナーの企画をしたんですよ。1000人集まってもらえる企画なので、原田さんも応援してください」

と言われて書き始めた記事です。いかがでしたでしょうか?私にとっては、自分のことを振り返るいいきっかけになりました。

 

今井さんは、本当に仕事ができる人です。学歴も超優秀。そんな彼も、会社(大手超優良企業)に入ってしばらくは仕事が上手くいかずに悶々としていたそうです。「いつまで仕事をしないでいたら、上司は自分に何か言ってくるのかな~」なんて、とんでもないことを考え、あえて仕事をしないでいるダメダメ社員の時期も。

そんな今井さんが、ダメダメ社員を脱するきっかけになったのが、会社で派遣された研修でした。その研修後から、仕事への取り組みが180度変わり、社長賞がもらえる成果まで発展します。

人生何がきっかけになるか、わかりませんね。

そのような経験から、今回セミナーを企画したそうです。就職活動中の方、今の仕事にやりがいが感じられない方、参考にされてはいかがでしょうか?

【セミナー情報:幸せに働ける会社の見つけ方】 

http://carriageway.jp/semi/HappyCompany/

日時:2011年11月27日(日)13:00~17:00

参加費:前売2,000円、当日3,000円

会場:よみうりホール(東京都千代田有楽町1-11-1)

主催:キャリッジウェイコンサルティング 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する