オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

「オープン化戦略」で成功している事業モデル

»

経済産業省は2020年1月16日、「第15回 産業構造審議会 産業技術環境分科会 研究開発・イノベーション小委員会」を開催しました。

技術公開などの支援を通じてオープン領域の参入を促し、市場全体を活性化させる一方で、秘匿・知財化で守るコア領域において利益を確保する、「オープン化戦略」を有効活用した事例を紹介しています。

①国際分業の促進
インテルの場合はチップとCPUをコア領域とし、コア領域以外の価格競争を促進するため、PCIバス・プロトコル等をオープン化してモジュール化を促しています。

②プラットフォームの形成
アップルはiOSやiPhoneをコア領域とし、アプリの多様化を促進し、iPhoneの価値を高めるため、API等をオープン化してアプリ開発者の大量参入を促しています。

③共同体制の構築
ダイキンはエアコンをコア領域とし、協業して環境性能の高いエアコン市場を拡大させるため、製造方法などをオープン化してR32のデファクト化を促しています。

スクリーンショット 2020-01-25 18.27.38.png

出所:経済産業省 2020.1

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する