オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

世界のクラウドサービス事業者は、AWS、Microsoft、Google、Alibaba Cloud、Oracle、IBMの6社に 〜ガートナーのMagic Quadrant for Cloud Infrastructure as a Service , worldwide

»

米調査会社のガートナーは2019年11月15日、「Magic Quadrant for Cloud Infrastructure as a Service, worldwide」を公表しました。

スクリーンショット 2019-11-18 21.56.52.png

出所:Gartner 2019 Magic Quadrant for Cloud Infrastructure as a Service, Worldwide 2019.11

ガートナーのMQでは、Worldwideで残っているクラウドサービス事業者は、AWS、Microsoft、Google、Alibaba Cloud、Oracle、IBMの6社に集約されています。リーダの上位3社(AWS、Microsoft、Google)と、ニッチプレイヤーの3社(Alibaba Cloud、Oracle、IBM)と大きく分かれています。

ガートナーは、クラウドIaaS市場の収益を2019年の414億ドルから2022年までに815億ドルに成長すると予測しています。しかし、企業の関心と収益のほとんどは現在、AWSとMicrosoftの2つのプ事業者が占め、この上位2社が幅広いワークロードをサポートできる事業者として評価をしています。

Google Cloudは、エンタープライズの領域で確実に採用が拡大しており、Alibabaは中国のクラウドIaaS市場を支配しているとしています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する