オルタナティブ・ブログ > マリコ駆ける! >

翻訳・WEB・キャリアを極める?楽しく正しく新しい会社経営&オリンピックへの道?

日本は何番目?留学生受け入れ大国はどこか知っていますか?

»

前エントリーは、自国の学生が留学する数について書いたが、本エントリーは 国ごとの留学生の受け入れ人数について記したい。

さて文科省の唱える「留学生30万人計画」をご存じだろうか?

「留学生30万人計画」は、日本を世界により開かれた国とし、アジア、世界の間のヒト・モノ・カネ、情報の流れを拡大する「グローバル戦略」を展開する一環として、2020年を目途に30万人の留学生受入れを目指すものである。

それでは世界の留学市場はどのようになっているのだろうか?OECDの提供するデータを基に、弊社で集計したデータが下記である。

順位 国名 留学生受入れ数(人)
1 アメリカ 684,807
2 イギリス 534,555
3 オーストラリア 271,225
4 ドイツ 263,972
5 フランス 259,935
6 カナダ 195,544
7 ロシア 160,955
8 日本 141,599
9 スペイン 98,611
10 ニュージーランド 70,883
11 イタリア 69,905
12 オーストリア 68,538
13 南アフリカ共和国 62,731
14 韓国 59,194
15 ベルギー 55,057
16 スイス 53,901
17 オランダ 49,137
18 スウェーデン 44,849
19 チェコ 34,992
20 サウジアラビア 31,754
21 アイルランド 29,297
22 ギリシャ 26,834
23 デンマーク 26,181
24 トルコ 25,838
25 ポルトガル 19,223
26 ポーランド 18,356
27 ハンガリー 18,154
28 ノルウェー 15,737
29 ブラジル 14,734
30 フィンランド 14,097
1-30位合計 3,420,594 83%
留学生全体 4,119,002 100%

元データ: OECD Education at a Glance

(※OECDデータでは中国は調査外である)

さて、受け入れ大国ベスト3は、アメリカ・イギリス・オーストラリアである。 一位のアメリカは誰もが予想するところかと思うが、68万5千人、次いでイギリスが53万5千人、3位がオーストラリアで27万1千人である。 見事、英語圏である。オーストラリアは地理的に、環太平洋のアジア圏からの 留学人気が高い。(別資料では、中国の留学生受け入れ数は32万8千人とされており、オーストラリアより多い)

留学先国は、留学元国に比べて偏よりがある。 ベスト30で留学先の83%を占めた。(ちなみに留学元はベスト30で59%) 当然のことながら、先進国が多い。

母国語が英語以外の上位留学先国は、ドイツフランスロシア、そして日本である。 日本は8位、14万2千人である。

留学生30万人計画ではこの数字を2020年には倍増しなくてはならない。結構道のりは遠いのだが、 折しも2020年は東京五輪。留学生が増える呼び水には確実になるであろう。

さて、それでは留学生を増やすために、各大学はどのような努力をしているのであろうか?WEBサイトの多言語化という観点から次エントリーで報告する。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する