オルタナティブ・ブログ > マリコ駆ける! >

翻訳・WEB・キャリアを極める?楽しく正しく新しい会社経営&オリンピックへの道?

日本は何番目?:留学生派遣大国はどこか知っていますか?

»

グローバル化の波が押し寄せる中、企業だけでなく、大学のグローバル化も叫ばれている。 そのグローバル化の指標の一つが、留学生の数である。

留学生の数が昨今減少していると、メディアで騒がれているが、さて、一体何人派遣されていて、 世界の中で見るとどういう順位につけているのだろうか?

OECDが毎年留学生の派遣数を発表しているので、2012年のデータからトップ30を洗い出し加工したのが下記のとおりである。

順位 国名 留学生
    派遣数(人)
人口(百万人) 留学生1人 あたりの国民数
1 中国 636,354 1,354.04 2,128
2 インド 226,056 1,227.19 5,429
3 韓国 136,592 50.00 366
4 ドイツ 123,229 81.92 665
5 トルコ 78,968 74.89 948
6 フランス 77,653 63.41 817
7 ロシア 68,626 141.92 2,068
8 マレーシア 60,624 29.46 486
9 イタリア 59,024 60.82 1,030
10 モロッコ 57,007 32.52 570
11 アメリカ 56,987 314.18 5,513
12 イラン 55,956 76.12 1,360
13 カザフスタン 55,713 16.91 304
14 ベトナム 55,551 88.70 1,597
15 ナイジェリア 54,591 164.75 3,018
16 ウクライナ 51,728 45.45 879
17 ポーランド 48,582 38.54 793
18 カナダ 47,441 34.83 734
19 パキスタン 46,981 178.91 3,808
20 サウジアラビア 46,157 28.99 628
21 ベラルーシ 44,517 9.39 211
22 日本 43,154 127.61 2,957
23 インドネシア 42,175 244.47 5,797
24 ジンバブエ 39,697 12.97 327
25 ギリシャ 37,734 11.29 299
26 ウズベキスタン 36,986 29.45 796
27 ルーマニア 35,336 21.34 604
28 イギリス 35,308 63.24 1,791
29 ブラジル 34,510 198.36 5,748
30 スロバキア 33,304 5.40 162
1-30位合計 2,426,541 59% 4,827.07 1,989
世界全体 4,119,002 100% 6,951.58 1,688

元データ: Education at a Glance, 世界の人口ランキング

さて、ベスト3はなんと、日本の近隣諸国、中国・インド・韓国なのである。 中国が群を抜いて多く、63万6千人。インドが22万6千人。 国の顔ぶれをずらりと眺めると、新興国が上位に顔を出している。

IMFが発表している人口を留学生数で割った数字も参考までに掲載した。 ベスト30の中ではスロバキアが一番国民当たりの留学生の比率が高い(162人に1人の割合) 次にベラルーシが211人に1人の割合。

逆に国民あたりの留学生比率が低い国は、インドネシア(5797人に1人の割合)、ブラジル (5748人に1人)である。これらの国はこれからますます留学生の数が伸びる可能性が高いだろう。

さて、気になる日本はと言うと、留学生数は22位の42,175人。 少ないと言われている留学生数だが、例えば私がアメリカに留学した1990年は 26,893人しかいなかったので、その頃に比べれば2倍近い。 ただ、2002年のピーク82,945人から右肩下がりなのが寂しい。 国民あたりの留学生比率は2957人に1人で、隣国の韓国(366人に1人)と比べると桁がひとつ違うから、衝撃だ。

ちなみにアメリカは留学生ランキングは11位で、国民あたりの留学生比率も低く(5513人に1人) 意外(予想通り?)に内向きである

 

それでは、留学生受け入れ国の顔触れはどうなのだろうか? 次回エントリーで紹介する。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する