オルタナティブ・ブログ > 一般システムエンジニアの刻苦勉励 >

身の周りのおもしろおかしい事を探す日々。ITを中心に。

最初のプレゼンは最大にして最低。本番の大切さを知った。

»

みなさんのプレゼンで失敗した思い出を告白していらっしゃるので私も。3人連続IBMという流れを切ってすみません。

思い出すだけで辛くなる、最悪のプレゼン(永井孝尚のMM21)

外国語のプレゼンの準備は周到に、でも度胸も大事(マリコ駆ける!)

英語のプレゼンで負った脛の傷跡(THE SHOW MUST GO ON)

私の最初のプレゼンテーションは大学時代です。担当講師の受け持つ授業で、ゼミを代表してマーケティングについてプレゼンテーションをする機会をもらいました。ですのでお仕事というわけではないのですが、京都御所の隣のキャンパスにある明徳館という最大級の教室で聞き手は200名くらいだったでしょうか、相手は1年次後輩なのですが舞い上がりました。しかも階段教室ですので視線もビシビシと集まります。

結果は惨憺たるものでした。ゼミの文化として「誰が、いつ、何人指名されるかわからないので原則として全員が発表の準備と練習をしてくる」ということがありましたので、それなりに場慣れはしておりました。また、これまでにゼミで発表した内容を再編集した発表であったので、練習不足や内容の理解不足ということもありませんでした。

ですので永井さんの二日酔い、マリコさんのサプライズ、岩永さんの土壇場での尺変更のようにコンディションが悪かったというわけではありません。しかし早口だったこと、聞き手は「これから」マーケティングについて学び始めるということ、そもそも授業だから聞きに来てるわけで自分の話に興味を持ってくれているわけでないこと、10年たった今思い出しても失敗したところがすぐに10以上思いつきます。舞い上がってしまったんですね。緊張して固くなったのでなくて「ハイ」になってしまったというやつだと思います。思い出すだに辛いです。あと聞いてくれた人ごめんなさい。

それはさておき、リアルコムの竹内さんと以前お話した際にこんなことを聞きました。

「飛行機のライセンス取るときって、飛行中に教官が『ブチ』ってエンジン切るんだよね」

本当になにかあれば教官が回復してくれるにせよ、上空何千メートルでエンジンが切れたら緊張すると思います。シュミレータでも教科書でも操作の訓練はできると思いますが、自分と教官の命を賭けて実際にやってみること、それが重要なのではないかと思います。

同じように山梨大学医学部附属病院のサイトにある「病院の使命」でもこのようなことが掲げられています。

大学病院は、将来の医療を担う医療人を養成する役割があります。
患者さん方にご協力をお願いいたします。
臨床教育の充実は患者さんの治療につながります。

山梨大学医学部附属病院 病院の使命 <http://www.hosp.yamanashi.ac.jp/outline/shimei/index.html>

誰もが研修医よりもベテランの医師に診てもらいたいと思うことでしょう。しかしベテランの医師も昔は研修医だったわけで、若い頃は注射針がうまく刺せないとか手術で危ない思いをしたという人もいるのではないかと思います。痛い思いや苦しい思いをするかもしれませんが、研修医さんの将来の活躍を思って協力することが大切ですね。

ビジネスの現場でも同じことが言えると思います。社内や外部研修などでいくらプレゼンテーションの練習をしても、本番でのセッティングが変わることは少なくないですし、プレッシャーの度合いも違います。なによりプレゼンテーションは聞いている人の雰囲気が非常に重要です。自分の人事権を握る人であったり、自分の提案を買う決定権を持つような人にプレゼンする場合と、自分の知り合いにやるのとではやはり勝手が違うと言えるでしょう。

もし自分が聞き手だった場合、未熟なプレゼンを聞いてどう感じるだろうか、と考えてみました。それが「不慣れ」なものなら意地悪して楽しむかもしれません。それが「未熟」すなわち、まだ表に出すのが早いのに連れてきたとか、基本的な準備不足だったりすれば怒るかもしれません。しかし「不慣れ」を怒るのはビジネスマンとして失格ではないかと思います。(愛のムチはあげるかもしれませんが)自分だって昔はそうだったじゃないか、自然とそう思える素敵なおっさんになれるようにこのブログに書いて残しておこうと思いました。若手は最前線で成長します。勝つことも重要ですが、負けることのほうが学ぶことが多いかもしれません。この不景気で若手に冒険させる余裕は少ないかもしれません。負けさせるなどとんでもないかもしれません。しかしそこで若手を守りすぎるのもまた失うものがあるように思います。

Comment(3)

コメント

その3名の中で唯一、IBMで馬齢を重ねているモノです。(笑)
 
大学時代に200名相手にプレゼンというのは、貴重なご経験ですね。
失敗したところがすぐに10以上出てくるというのは素晴らしいことですね。
それを次回から一つずつ改善していけばどんどんよくなるんですから。

学生時代にそういう経験をされているということ自体が、山口さんと私の世代の差を感じます(笑)最近の学生はプレゼンをする機会がありますが、私の時代はパワーポイントはないし、OHPすらも使うことがなかったですからねぇ。

永井さん、コメントありがとうございます。
この失敗を通じてもっとも強く感じたことは「教える」ことの重要さでした。自分が失敗したことで学生の興味を殺してしまうことがあるのではないか、と。反対に自分の話に興味を持って、●●学を勉強し始めました、といわれることはすごくうれしいですね。永井さんも本をお書きになる中でそういった悩みがあったのではないかと思います。それと比べればちょっと失注するだけで済むビジネスのプレゼンは肩の荷が軽いです(笑)
マリコさん、コメントありがとうございます。
私の学生時代はパワーポイントの先生が多かったです。実情はこれまでOHPだったものを院生に打ち込ませていた、というようなものもあったようですが。商学部というのはビジネスを扱う関係上、文系の学問の中でも特に回転の早い部類に属します。そのため学生にとっては、OHPを使う教授=資料のアップデートが遅いという判断基準がありました。商業史などの授業ではOHPでも違和感がないのですが、マーケティングや会計学のような更新の多い分野で教授がOHPだと「あいつ大丈夫か」「やばいで」という話になります。もちろん、そういう先生は試験問題のアップデートも遅いのである方面には人気でした(笑)

コメントを投稿する