オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

石橋を叩かずに突っ走る勇気

»

「石橋を叩いて渡る」は、日本の規則社会においては鉄則だと思います。そんな中で、石橋を叩かずに「まずはやってみる」を出来るスキルが、重視される社会になってきている、と思っています。

大企業でそんなことをしたら、何を言われるかわかりませんよね。だからこそ、我々小さなベンチャー企業では、「突っ走るスキル」が求められているのだと思っています。

ここには、もちろん経営者との合意形成が必要です。チャレンジした人を評価するということ、チャレンジして失敗は「学びである」とし、叱られたり、低評価の対象とはしない、ということですね。

最近、石橋を叩きすぎて、時間がなくなって諦めたり、机上で検証している間に、他社(他国)に先を越されてしまったり、ということが多いように感じています。

もちろん、無謀に突っ走るということではないですが、不確定要素があっても「まずはやってみる」を出来る会社でありたい、と思う今日この頃です。

Comment(0)