オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

テレワークはテレビ会議じゃなく、電話会議でいい気がする件

»

最近、テレワークの前提が、テレビ会議、ビデオ会議、呼称はなんでもいいんですが、つまりはオンライン会議のことばかり議論されている気がして、なんとなくムズムズしている次第です。

オンライン会議というところでは、日本で人気急増中のZoomかもしれませんが、そこはこんなことも起きているので、イシンでは採用していません。

一方で、テレワークというものは、システム的にはすべてがクラウド化している必要がありますよね。
・オンラインストレージ(イシンではBox)
・メールシステム(イシンではG SUITE)
・社内チャットシステム(イシンではChatWork、オンライン会議もChatWork Live)
・オンライン業務フロー(ITだけでなく、どうやって承認する、といったもの)
・オンライン捺印システム(ここが曲者で、捺印した「紙」を欲しがる会社が多い)

ということで、だから全員がテレワークに移行できるわけではないです。

僕自身もオンライン会議をやることがあるのですが、数名で入っていると、結構「内職」をしている人っているんですよね。ということは、その人は実は参加しなくてもいいかもしれない。なんとなく、メールのCCみたいに「見ましたよね?」「聞いてましたよね?」みたいな、作為的なものも感じたり。(笑)

で、最近改めて感じるのは、オンライン会議のほとんどは、電話会議、テレフォンカンファレンスでいいんじゃないか、と。用件のほとんどは話せば済むし、もっと言うとリアルタイムでなくても構わないかもしれない。共有したいことをチャットで話し合って、決定すればそれで済むし、そのほうが記録が残りやすいですしね。

ただ、誰かの画面を共有しながら話したいときにだけ、オンライン会議にすればいいのではないか、と思っています。

テレワークが増えつつある今こそ、自社、そして自分の働き方にあったツールの見直しが必要だと痛感する今日この頃です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する