オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

地方に住み、東京には出てこない、という選択

»

ブロガー仲間の林さんは、群馬に住んでいらっしゃって、僕にとってはとてもうらやましい生活をされているのですね。僕自身は大阪出身ですが、さすがに大阪に住んで東京に出てくる、という選択はないわけです。一方で、だったらいっそのこと、地方に住んで東京に出てこない、という選択はないものか、と妄想してみました。^^
 
僕自身、その昔には、ある程度の年齢になったらハワイに住んで、海が見えるテラスに座ってパソコンで仕事が出来るといいな、なんて妄想していたことがありました。ただ、人と関わることが好きな人間には向かないワークスタイルなのですよね。対面で仕事をしたいのです。
 
一方で、エンジニアなど対面でなくてもいい仕事、というのもあります。受託開発の場合はそうはいかないかも知れませんが、自社サービスの開発などであれば可能かも知れません。
 
僕が親しくさせていただいている、名刺管理クラウドサービスを提供されているSansanさんは、徳島県にラボを持っておられます。徳島県も町中ではなく、神山町というところ。その他にもサテライト的にオフィスを持っておられる企業の一覧はこちらです
 
地方に住むことを望む方ばかりではないでしょうが、その逆に東京で働くことを望まない方もいらっしゃいます。しかし、今は東京にいろいろなものが集まっている都合上、東京を中心に仕事をせざるを得ない、という方もいらっしゃいます。特に官公庁が集まっているために、その周辺ビジネスの企業は東京から離れるはずもないのですが。
 
そうではないビジネススタイルを持つ企業であれば、東京に固執しなくてもいいのかも知れませんね。あるいは、フリーランスのライター、デザイナーという方も、自分が好きな地域に住むことが可能だと思います。それをクラウドサービスで支えることが出来る時代ですから。
 
林さんのブログを拝読して、自分自身の働き方を含めて、いろいろと見直すいい機会かも、と感じた今日この頃です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する